1. ホーム
  2. 月別アーカイブ:2015年 12月

お知らせ

月別アーカイブ:2015年 12月

Unnatural Learning ability versus Individual Brain

Unnatural Learning ability versus Individual Brain

Intro During the modern-day society, computer systems greatly enhance day to day activities by means of intelligently programmed products to satisfy human needs quickly. It happens to be throughout the extended being successful of artificial cleverness more and more sophisticated systems bring extraordinary modifications.dissertation writing services uk Such as; the government’s techniques, stability, clinical career fields, personal programs, automobile between other areas as their immense alterations happen to be believed. The intention of this document could be to assess the possibility of synthetic learning ability to accept the place of individual heads.

Conversation Synthetic learning ability normally takes a spot on the man brain.The purpose of developing a precise human brain has remained a challenge for your analysts. 続きを見る >

「これで成功!健全廃業・虎の巻」11月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで成功!健全廃業・虎の巻」を執筆しています。 「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にも分かり易いように書いています。
 今回は、「これで成功!健全廃業・虎の巻」、第3章 廃業を決断した後の廃業プロセス(第11回)「 取引先・従業員等の関係者への対策」です。
一旦廃業を決断したならば、その手続きに際しては、取引先や従業員等の関係者に対してできる限りの配慮が必要です。そして、長年取引をいただいている販売先や仕入先、会社の礎である従業員一人ひとりへの対応次第で、廃業の成否が左右されてしまうと言っても過言ではありません。そこで、廃業を検討している経営者の皆様のお役にたてればと思い、対応策のポイントについてまとめてみました。
取引先・従業員等の関係者への対策は以下のとおりです。

  1. 関係者への告知
    1. 告知する順番を間違えないこと
    2. 関係者の重要度と告知の時期
  2. 関係者への対応策
    1. 家族
    2. 役員
    3. 仕入先・販売先等の取引先
    4. 従業員
    5. 金融機関
    6. その他関係者

詳細は画像をクリックしてください。
「税理」平成27年11月号

このページの先頭へ