1. ホーム
  2. お知らせ
  3. その他

お知らせ

「その他」のお知らせ一覧

第6回さいたまコンサルアカデミー賞へのご案内

さいたま総研では恒例の「第6回さいたまコンサルアカデミー賞」を実施いたします。

この「さいたまコンサルアカデミー賞」は、いわば組合員による「仕事自慢」、「腕自慢」の
コンペのような組織内部の催しかもしれません。
しかし組合員は日ごろから、コンサルティング・サービスの開発に努めていますので
経営者・経営幹部の方々にも是非ともご来場いただき
開発したコンサルティング・サービスのプレゼンテーションに対し、ご評価の一票を投じられることをお願い申し上げます。
さいたまコンサルアカデミー賞のページもご覧ください。

なお、参加を希望される方は、下記のチラシ(jpg)のお申し込み欄に必要事項を記入の上FAXいただくか
お問い合わせから「コンサルアカデミー参加希望」と明記の上お申し込みください。

第6回さいたまコンサルアカデミー賞チラシ

「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」11月号のご案内

経営承継事業部による、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会連合会 監修)連載「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」第11回「上手に行くM&A交渉の留意点」発刊のご案内をいたします。
経営は順調で問題はなくとも、適切な後継者に恵まれない企業の、事業承継M&Aが増加しています。
経営者にとってのM&Aは、日常業務とは無縁な出来事のため、各分野の専門家のアドバイスが必要になります。売れる企業に磨き上げる中小企業診断士、税務問題解決の税理士、法律問題を解決する弁護士、M&Aを円満に成立させるM&Aアドバイザーなど、専門家の協力が欠かせません。身近に専門家がいない場合は、最初の総合相談窓口として、商工会議所に「事業引継ぎ相談窓口」や「事業引継ぎ支援センター」があります。
そこで、11月号では、各専門家の利用上の留意点についてご案内いたします。

  1. 専門家を上手に活用する
  2. 公的機関の活用く
  3. 利害関係者への報告
  4. 親族間の調整

詳細は経営承継事業部の記事「これで安心!事業承継M&A虎の巻」(第11回)をご確認ください。

「税理」平成26年11月号

「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」10月号のご案内

経営承継事業部による、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会連合会 監修)連載シリーズ「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」第10回「上手な株式譲渡と事業譲渡の選び方」についてご案内いたします。
人口の高齢化と共に、経営者の高齢化が年々進んでいますが、中小企業の事業承継問題は、抜本的な解決の見通しは立っていないのが実状です。そのため、後継者のいない中小企業経営者にとって、廃業を回避し自分の希望を叶えてくれる、事業承継の出口戦略の一つの手段として、事業承継M&Aへの期待が高まっています。
そこで、今回はM&Aの方法として代表的な「株式譲渡」と「事業譲渡」についてご案内いたします。

  1. 「株式譲渡」と「事業譲渡」について
  2. 「株式譲渡」と「事業譲渡」のメリットとデメリットく
  3. 「株式譲渡」と「事業譲渡」の現況
  4. 取引上の留意点
  5. 譲渡方法の選択に当たって

詳細は画像をクリックしてみてください。

「税理」平成26年10月号

「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」5月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会連合会 監修)に「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」を執筆しています。
最新は7月号が出ておりまして、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部発行でして、毎月20日に発売されます。税理士さん向けではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」(第5回)「M&Aにおける専門家の活用法」です。

  1. 誰に相談するか
  2. 顧問税理士との協力体制を築く
  3. 中小企業診断士を有効に活用
  4. M&Aアドバイザーを上手に使う
  5. 会計士は財務DDの専門家
  6. 弁護士を上手に使おう
  7. その他の専門家

詳細は画像をクリックしてみてください。

「税理」平成26年5月号

このページの先頭へ