ものづくり事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2012年 10月

月別アーカイブ:2012年 10月

10月次例会のお知らせ

 今週の土曜日になりますが、20日10:30~12:30にmio事務所第1会議室で今月の例会を行いますのでご参加ください。
 特別のテーマはありませんが12月のアカデミー賞や、前日の10月19日に開かれる第1回経営塾の実施を受け、当事業部が担当する来年2月15日の第3回経営塾などに関して打ち合わせ事項があります。

成功する企業はベストコストをつくり込む(14)

3.間接費低減の手法を考える

3-5.低減手法以外で生む利益

● ここでやはり損益分岐点
 間接費低減のための『対策を確立』することは、企業の強靭な経営体質を築くことです。その理由を明らかにするためには、やはり『損益分岐点の特性』を知る必要があるでしょう。

 改めて説明する必要もないくらいに一般的な、損益分岐点分析の概念かもしれませんが、図表3-7に示しておきましょう。分析のための計算式は、要約すると【損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率】で示せます。
 この分析要素は、ご覧のとおり売上高(S)に対する変数である固定費(F)と変動費(V)だけで成り立っています。固定費と変動費に関しては、第1章『図表1-13 同じコストでありながら』と『図表1-14 単位あたりコストの特性』(’12.04.19掲載)で既に述べました。

続きを見る >

事業部紹介

ものづくり事業部では単に製造業に限らず第一次産業でも第三次産業でも、人々の生活を豊かにする「ものづくり」機能全般にわたって企業支援をいたします。
「ものづくり」は単に、物財の製造だけを指しているのではありません。私たちは、人々の生活を豊かにし、企業に付加価値をもたらす財貨を産み出す総ての行為こそ「ものづくり」だと捉えているのです。
ものづくりの原点にかえって、それぞれの企業に適した打開策をご相談しながら発見していくご支援には、いささかの自信があります。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ