ものづくり事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2012年 11月

月別アーカイブ:2012年 11月

成功する企業はベストコストをつくり込む(15)

4.人の知恵にみる標準化

4-1.標準がもたらす社会関係

● そもそも標準とは
 標準という『ものごとの考え方』は、人間が集団生活を営むうえで必要な、素晴らしい知恵だと思います。この知恵は、ISOJISなどにみられるように『ハードの生産』において、計り知れないコストダウン効果を発揮しています。また最近は「約束事だけで成り立つ」コンピュータ・プログラムのような『ソフトな工業製品』も標準化が進み、ハードと同じコストダウン効果がみられます。

 それはそのはずで、JIS Z8101品質管理用語の中で、標準とは『関係する人々の間で利益または利便が公正に得られるように統一単純化をはかる目的で、物体・性能・能力・配置・状態・動作・手順・方法・手続き・責任・義務・権限・考え方・概念などについて定めた取り決め』とあります。

続きを見る >

事業部紹介

ものづくり事業部では単に製造業に限らず第一次産業でも第三次産業でも、人々の生活を豊かにする「ものづくり」機能全般にわたって企業支援をいたします。
「ものづくり」は単に、物財の製造だけを指しているのではありません。私たちは、人々の生活を豊かにし、企業に付加価値をもたらす財貨を産み出す総ての行為こそ「ものづくり」だと捉えているのです。
ものづくりの原点にかえって、それぞれの企業に適した打開策をご相談しながら発見していくご支援には、いささかの自信があります。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ