ものづくり事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2012年 12月

月別アーカイブ:2012年 12月

成功する企業はベストコストをつくり込む(16)

4.人の知恵にみる標準化

4-3.予算を惑わす心情がある

● 自分自身のための見通しは
 将来予測を集計し、計画にまとめていくことは、トップなど管理者側にとっても、コストダウンする人々の被管理者側にとっても、立場の違いからお互いに辛いことがあります。

 特に、先行き不透明な時期においては容易に『見通しが立たない』ため、トップは「販売見通しを甘く」し、「経費見通しを厳しく」して何とか利益を生み出そうとします。つまり「売上高予算は多目」に「経費予算は少な目」に見積もり、最大限の限界利益を生み出して『経営の安泰』を図ろうとします。
 対して現場の人々は自分たちの『立場を優先』し、極力「販売見通しを抑え」「経費見通しの許容を大きく」した見積を立てようとします。つまり「売上高予算は抑え目」にし、「経費予算では余裕」をみようとするわけす。
続きを見る >

事業部紹介

ものづくり事業部では単に製造業に限らず第一次産業でも第三次産業でも、人々の生活を豊かにする「ものづくり」機能全般にわたって企業支援をいたします。
「ものづくり」は単に、物財の製造だけを指しているのではありません。私たちは、人々の生活を豊かにし、企業に付加価値をもたらす財貨を産み出す総ての行為こそ「ものづくり」だと捉えているのです。
ものづくりの原点にかえって、それぞれの企業に適した打開策をご相談しながら発見していくご支援には、いささかの自信があります。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ