ものづくり事業部

  1. 事業部トップ
  2. ものづくり事業者人材育成研修

ものづくり事業者人材育成研修

ものづくり事業者人材育成研修のご案内

ものづくり経験豊かなベテランコンサルタントが考えました

さいたま総研 ものづくり事業部では、ものづくり事業者の人材育成を支援すべく、「ものづくり事業者人材育成研修」として研修メニューを作成しました。いろいろな業種で「開発」、「生産」、「販売」、「サービス」のビジネスキャリアを積んできた私たちのスキル・経験をもとにパッケージ化しました。大きな特徴は「講師派遣型の出前研修」であることと、「オーダーメード・カスタマイズが可能」であることです。
ものづくり事業者にとって宝物ともいえる「人材育成」にお役立てください。

オーダーメード型・講師派遣型「出前研修」がいい理由とは?

社内の会議室や食堂、近くの公民館などへ講師を派遣する「出張講習」なら、多くの従業員が仕事場の近くで参加ができます。
また、各自治体、商工会議所、商工会、工業団体などへ講師を派遣する集合研修の場合は、地域特性などの課題に適合したカリキュラムを編成できます。
さらに、公開型の研修と異なり、案件ごとに研修内容をカスタマイズできるため、受講者の知識・経験などのレベルや日程、ご予算に合わせた内容で受講ができます。

研修メニュー詳細

研修の標準パターンは、1日あたり3~4時間を1回とし、下記メニューのように編成しています。
1回あたりの研修費用は、「10万円×所要日数×消費税+交通費総額」となります。
具体的なお引き合いをいただければ、ご相談の上、オーダーメードカスタマイズした研修の「実施計画書」と「見積書」を提出いたします。
なお、ものづくり事業者の人材育成テーマは数知れずあり、かつこの講師陣で対応できるテーマもまだ多くありますので、
下記メニュー以外のご要望やご質問などがあればお気軽にものづくり事業部主幹・遠山までお問い合わせください。
各講師のプロフィールは、事業部員紹介からご確認いただけます。
個別のお引き合いはメニューの講師欄をクリックしていただければ、直接e-mailにてお問い合わせいただけます。


分野 テーマ 講座の概要 所要
日程
講師
開発設計 新製品の商品企画とデザインレビューの考え方と実践 設計がよいのに商品企画が拙いとか、製品化後に品質トラブルが続発するのは、前工程の商品企画・後工程のデザインレビューの欠陥である。設計プロセスの改革が必要だ 4日間 遠山
Eメール
新製品の開発効率向上を実現する実験計画法を使いこなす 技術開発・製品開発は試行錯誤の繰り返しに他ならない。その実験が何倍も効率アップできる手法である実験計画法の使い方を学ぶ 3日間 遠山
Eメール
コスト設計の進め方
-設計段階での原価の作り込み-
製品設計の段階では、目標原価の設定を当然とする一方で、設計業務では創造性が求められる。創造性と経済性の両立を図る「原価の作り込み」を学ぶ 2日間
or
4日間
間舘
Eメール
新製品開発
-要領さえ掴めばわが社でもできる-
新製品開発・新事業開拓は、最もリスキーな経営機能だから、近寄り難く思いがちだが、的確な手順を踏まえてアプローチすると、中小企業でも意外に低リスクの新製品開発ができる 6日間 山崎(登)
Eメール
工業所有権のおはなし
-意匠と商標を守る-
新製品の開発・販売は、会社が発展するために不可欠な手段の一つである。その守りを円滑に進めるために必要な事項を意匠と商標の点から示していく 1日間 山田
Eメール
工業所有権のおはなし
-特許制度の有効活用-
自社が新技術を開発し、これを製品化することは会社が発展するために必要な有効手段の一つである。特許制度を活用してより効率的に技術を守る手段を示していく 1日間 山田
Eメール
生産管理 よくわかる生産管理
-基本事項を考えよう-
生産活動を円滑に進めるための管理技術が、生産管理である。モノづくりの現場が、今どのように管理され、今後どのような方向に進むのか、理想的な方法を共に考える 4日間 佐藤
Eメール
リスクアセスメントによる品質事故防止の初歩 会社の存続を危機に陥れかねない製品の品質事故を未然防止するには何が必要か?リスクアセスメントの基本的な考え方と初期の手法を学ぶ入門編 2日間 遠山
Eメール
生産管理の進め方 ものづくりのための固有技術を効率よく活用するためには情報の活かし方が重要。生産性の向上を図るための、生産情報の整備と活用の仕方について解説する 2日間
or
3日間
間舘
Eメール
生産管理の基本編
-楽しくQQCD管理を学ぶ-
100の工場には100通りのやり方があるから、毎日の仕事に支障がなくても、改めて生産の進め方、工程のあり方を再確認すると生産管理面での意外な改善点を発見することがある 3日間 山崎(登)
Eメール
製造生産 よくわかる工程管理
-工程設計から考えよう-
モノづくりの現場で、効率的・経済的に生産を進めるべきかを模索している製造担当者・管理者と共に、工程設計から工程管理を総合的に考える 4日間 佐藤
Eメール
よくわかる納期管理
-余計なコストをかけない工夫-
客先要求どおりの納入期日を守るのは当然だが、いかに余計なコストを掛けずに納期を守るかを工夫する知恵とは?これからの納期管理のあり方を考える 4日間 佐藤
Eメール
やさしい加工技術
-加工方法別の原価特性-
製造業では、収益性向上のために管理技術と固有技術の両輪が必要となる。本研修では、固有技術のうち、機械加工と板金加工についての基礎的な知識と原価との関係を解説する 1日間
or
2日間
間舘
Eメール
生産性改善の進め方
-企業に適した進め方を探る-
生産性向上の課題をお持ちの企業を対象に、いかにして向上させていくか事例を使って考え、企業の状況に応じた改善の進め方をアドバイスする 2日間 山崎(正)
Eメール
要員啓発 リーダーシップ研修
-なぜリーダーが必要なのか-
リーダーは将来の監督者候補である。なぜリーダーが必要なのかを理解し、仕事の中身を自分で考えながら活動できるような人材の育成を目指す 1日間 足立
Eメール
部下指導のために
-リーダーシップを発揮するとは-
明日から役に立つリーダーシップについて、演習を交えて学ぶ。職場のコミュニーケーション、動機付け、部下の能力開発に有効 1日間
or
2日間
江澤
Eメール
組織の活性化対策
-基本的な原理・原則を踏まえて-
みんなで力をあわせものづくりすることから、組織の活性化対策は重要である。演習を交え、強く、勝てる組織づくりに関心の高い管理・監督者を鍛える 1日間 江澤
Eメール
新入社員教育
-ものづくり企業で仕事をする誇り-
世界に冠たるわが国のものづくり企業で社会貢献し、仲間をつくり、生きがいを感じるにはそれなりの自覚が要る。そこをみんなで、相互討論などもしながら考える 4日間 山崎(登)
Eメール
中堅社員教育
-生産活動の中での役割を再確認-
日常の製造・生産活動の中での中堅社員の位置づけについて、新たに個々のモラールサーベイなども交えて、自身が果たすべく役割を再確認する 3日間 山崎(登)
Eメール
Excelを利用した実践的QC手法の習得 チームリーダー向けに、QC七つ道具等の科学的アプローチをExcelを使った実習を通じて習得する 2日間 和田
Eメール
現場改善 職場環境の標準化
-従業員の意思統一活動のために-
社内活動の継続のため、全ての従業員が共通の問題意識をもつことで、職場の改善活動を共有する導入手順を解説しながら、演習を重ねて社内活動の実践力を身につける 3日間 足立
Eメール
改善基礎技術
-改善活動の実践に役立つ技術習得-
問題解決のスキルを向上させるため、問題点の見つけ方と解決方法を理解し、特製の道具を使って効果的に問題解決が図れる実践力を身につける 4日間 足立
Eメール
小集団活動の実践
-改善活動を継続さるために-
改善活動を継続させるためには、全社的な組織活動が必要となる。全社あげての改善活動展開のために必要なスキルとその実践方法を身につける 4日間 足立
Eメール
改善インストラクター養成講座
-部下指導のための実践活動-
自身で改善活動が実施できることと、他人を指導することは全く別のスキルが必要となる。第三者に自身の実践をどのように理解させるか自己評価し、指導力を身につける 8日間 足立
Eメール
現場改善の考え方と実践研修 なぜ改善が必要か?ムダの考え方と改善の手法を学び、その後自らの工場を、5Sを含めて自己採点して、改善を実践する 2日間の後
月1回
実践3回
遠山
Eメール
見える化の進め方
-企業に適した進め方を探る-
経営管理や現場管理などの見える化に興味をお持ちの方、見える化を通して企業を改善したいと考えている企業を対象に、見える化の進め方と事例を紹介する 2日間 山崎(正)
Eメール
コストダウン コストダウン手法
-現場で簡単にできる方法もある-
コストダウンのためには、着眼点次第で、経理や簿記の知識は不要である。明日からできる現場でのコストダウンの方法を身に付ける 1日間
or
2日間
江澤
Eメール
VE手法の特性を活かす
-管理部門・間接業務の改善策-
VEの基礎知識を学び、管理部門・間接業務の改善の進め方・考え方を習得して、目的追求型の改善手法を身につける。職場改善ポイントをまとめる力量が向上する 2日間 佐藤
Eメール
原価管理の基本
-実務に役立つ原価のとらえ方-
原価に対する誤った理解は、利益の向上を妨げる要因になることがある。原価についての正しい考え方、用い方、削減の仕方などについて、演習を交えながら理解を深める 4日間 間舘
Eメール
コストダウンの原点
-原価のとらえ方と原価見積りの仕方-
原価管理を進めるにあたって、不可欠となる原価計画のための見積り方と、それによる原価見積りの活用方法について演習を交えながら理解を深める 2日間 間舘
Eメール
設備投資の進め方
-その経済性に関する見方、考え方-
経営活動の中、様々な場面要求される意思決定について、設備投資をテーマに最適解の見方、考え方の理解度を深める 1日間 間舘
Eメール
現場のコストダウン手法
-現場改善のための見方、考え方-
工場の現場において、改善手法の適用範囲や改善に対する目的、見方、考え方などに関し、動作の価値に焦点を当ててコストを改善する手法を詳しく解説する 2日間 間舘
Eメール
コストダウンの進め方
-企業に適した進め方を探る-
更なるコストダウンの必要性に迫られている企業を対象に、課題への取組方を、例題を交えながら解説し、その企業の状況に応じた進め方についてアドバイスする 2日間 山崎(正)
Eメール
品質保証とコスト低減の両立
-TQMの推進-
わが国ものづくりの原点、小集団活動と品質マネジメントを融合し、自律的現場管理の仕組みをTOPダウンで推進 4日間 和田
Eメール
資材調達 よくわかる在庫管理
-時代の要求に応えつつ-
企業の競争力強化の一環として避けて通れない資材と製品の在庫管理。機会損失を最低限にしながら、資産の回転率を上げる方法を考える 4日間 佐藤
Eメール
在庫削減の進め方
-企業に適した進め方を探る-
在庫削減の課題をお持ちの企業を対象に、削減策の進め方を紹介し、その企業の状況に応じた在庫の削減対策をアドバイスする 2日間 山崎(正)
Eメール
販売政策 「営業戦略」の策定はこれだ! 市場が成熟化し、売上利益が伸び悩む中、営業活動もマンネリになっていないか?改めて「営業戦略」を練り直し、全社でリスタートする 1日間 青木
Eメール
「新規顧客開拓」にチャレンジしよう! 市場が成熟化する中、常に新しいお客様を開拓し続けなければ、売上や利益を維持・拡大できない。具体的な新規開拓のやり方を再検討する 1日間 青木
Eメール
「営業マネジメント」を見直そう! 営業戦略が進展し、新規顧客開拓が成功すれば、組織的な営業力維持のマネジメントを展開して経営面での意味づけを強めましょう 1日間 青木
Eメール
マーケット情報の把握
-儲かる仕組みを考えよう-
顧客が欲しがる製品を創り、造るには、顧客や市場のニーズを知る必要がある。市場メカニズムの基礎から学び顧客視点を身につける 1日間
or
2日間
江澤
Eメール
経営基盤 データ活用力の倍増
-統計ツールを使いこなし分析力アップ-
会社の中には生産・品質・原価などのデータが溢れていてもその活用術は意外に知られていない。Excel統計ツールを使って、諸データを整理・分析し活用する実践手法を身につける 2日間 遠山
Eメール
QC7つ道具の使い方と応用 QC7つ道具の基礎を学んだ後、現場の実データとExcelを使って実際の使い方を身につける 2日間 遠山
Eメール
見積と採算管理を改善して儲ける仕組みをつくろう 忙しく働いているのに儲からない、売上が上がっても赤字、そんな会社を儲かるようにするのは?見積りの改善と採算管理の仕組みを学ぶ 3日間 遠山
Eメール
やさしい経営分析
-会社の数字の意味を理解しよう-
自社や取引先など、会社の現状を知るうえで数値は重要。工業簿記による財務諸表に記載された数値から会社の状況を把握する分析の仕方、その意味について解説する 1日間
or
2日間
間舘
Eメール
収益力強化の進め方
-企業に適した進め方を探る-
環境変化などによる収益力向上が不可欠の経営者・管理職を対象に、限界利益を視点とした収益改善の取組み方を紹介し、その企業の状況に応じた改善方法をアドバイスする 2日間 山崎(正)
Eメール
自ら経営不振の原因発見、治癒する自己診断ワークショップ 経営者・管理者向けに強みや競合分析の深堀フレームワーク、クロスSWOTによる経営課題抽出、BSCによるアクションプランまでを行う 3日間 和田
Eメール

事業部紹介

ものづくり事業部では単に製造業に限らず第一次産業でも第三次産業でも、人々の生活を豊かにする「ものづくり」機能全般にわたって企業支援をいたします。
「ものづくり」は単に、物財の製造だけを指しているのではありません。私たちは、人々の生活を豊かにし、企業に付加価値をもたらす財貨を産み出す総ての行為こそ「ものづくり」だと捉えているのです。
ものづくりの原点にかえって、それぞれの企業に適した打開策をご相談しながら発見していくご支援には、いささかの自信があります。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ