1. ホーム
  2. サービス一覧

さいたま総研のサービス

「中継ぎ経営者そして大政奉還」及びX社事例から

組合員名 荒川 光一 所属事業部 経営承継事業部
類型 出稿・著述 見本 文書類

1.サービスの概要

1)「中継ぎ承継者」による事業承継について
2)X社事例研究(事業承継提案のシステム化)

2.ご用命の見込み

少子高齢化の進展から事業承継のニーズは年々高まっている。しかし、中小企業では後継者難から親族内承継は行き詰まり、M&A、MBO等の第三者承継もままならない状況である。そこで、従来もあったが、近年増えている「中継ぎ承継者」による事業承継の方法をご案内する。併せて、事例を通じて難しい事業承継提案のシステム化・パターン化の方法を紹介する。

3.垂直・水平展開の見込み

1)本件は、「経営革新計画」や「第二創業計画」等の計画策定時の基本的な事業承継コンサルティング手法及びツールとして、中小企業診断士や他の士業のビジネスチャンスの拡大の一助となる。
2)「中小企業診断士や士業の研修」や「経営者向けの経営力アップセミナー」のツール及び「提案資料作成ツール」としての活用ができまる。

健康経営の推進とストレスチェック制度の活用

組合員名 近藤 隆 所属事業部 経営承継事業部
類型 セミナー・講演 見本 創作物・ドキュメント

1.サービスの概要

2015年6月に経済産業省は、「アクションプラン2015」で企業による「健康経営」の取組促進と企業規模に応じたインセンティブ付与を発表した。これに伴い、2016年度から商工会議所が主体となって「健康経営アドバイザー」を中小企業の健康経営支援のため派遣する。
中小企業診断士や社会保険労務士のビジネスチャンスとなる「健康経営」について、背景と今後の課題につい説明する。

2.ご用命の見込み

対象は日本国内すべての事業者である。特に人材の少ない中小企業では「健康経営」の認知度は5%程度と非常に低く、市場性は有望である。

3.垂直・水平展開の見込み

2016年度から始まる「健康経営アドバイザー」の資格を取得し、ターゲットの商工会議所へ専門家登録する。並行して、「健康経営」推進マニュアルの作成を行い、「健康経営」支援のノウハウの蓄積と標準化を図り、中小企業支援体制を整備する。

「早い、安い、上手い」を実現する魔法のツール

組合員名 満木 大 所属事業部 ビジネスレップ事業部
類型 業務代行連携 見本 クラウドソーシング活用ガイド

1.サービスの概要

地域中小企業が各種業務を「早く、安く、上手く」遂行できる「クラウドソーシング」について説明します。クラウドソーシングを営業ツールとして使うことで、コンサルの幅が広がります。また自身がクラウドソーシングを利用し、仕事を受注できる一石二鳥のツールとも言えます。

2.ご用命の見込み

今回、さいたま総研は全国中小企業団体中央会、中小企業庁が実施する平成26年度地域中小企業の人材確保・定着支援事業(地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業)の一環として「クラウドソーシングプロデューサー」の認証団体に任命されました。よって地域の中小企業に対し、積極的にクラウドソーシングの活用を推進していきます。

3.垂直・水平展開の見込み

今回、さいたま総研は全国中小企業団体中央会、中小企業庁が実施する平成26年度地域中小企業の人材確保・定着支援事業(地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業)の一環として「クラウドソーシングプロデューサー」の認証団体に任命されました。よって地域の中小企業に対し、積極的にクラウドソーシングの活用を推進していきます。

女性の交渉力指導

組合員名 平原 由美 所属事業部 ビジネスレップ事業部
類型 教育・訓練 見本 書籍

1.サービスの概要

女性の特性に合わせて開発された交渉力の指導を提案します。女性にとって効果的なコミュニケーションスタイルは男性のスタイルと異なります。組織の中で女性として最も説得力のある話し方、協力を得る方法、部下を指導する方法などを、交渉テクニックをベースとしたコンテンツで指導します。

2.ご用命の見込み

女性人材の活用が求められる今、女性たちがより力を発揮するための具体策が必要です。また、女性たちには、自分の力を周囲にアピールし、チャンスを掴むために手を挙げる積極性が必要です。女性の交渉力を向上させ、彼女たちの積極性と影響力を高める指導は、企業においても、女性たち自身においても、切実なニーズがあると思われます。

3.垂直・水平展開の見込み

女性管理者・管理者候補の交渉力指導を始め、女性社員の昇進意欲向上を目指した新人研修、女性部下を持つ管理者層(男女含む)に向けた女性人材活用の指導などの展開が可能です。また、就職を控えた学生を対象とした「女性の交渉力スクール」、女子小学生を対象としたスクールなども、米国の事例を参考に、将来的に展開可能かと思います。

きっと打出の小槌は見つかる ― ものづくり企業の事業再生術 ―

組合員名 山崎 登志雄 所属事業部 ものづくり事業部
類型 セミナー・講演出稿・著述改善指導調査・研究 見本 ものづくり事業部サイト

1.サービスの概要

ものづくり企業は、比較的重い経営資源を背負っているため、一旦、業績不振に陥ると挽回が難しい。反面この経営資源の重さは、紛れもなく企業の生命力だから、これを活かせば必ず生き残る道がある。われわれものづくり事業部メンバーが、事業再生の「打出の小槌」や「魔法の杖」をもっていると自惚れるわけではない。が、経営トップに再生意欲があり、いくらかの経営力が残存すれば、不振の起因要素から分析し、検討を重ねることによって、必ず「打出の小槌」を見つけることができる。その秘策術を述べる。

2.ご用命の見込み

ある意味、経営不振に悩む企業は無限に存在するが、経営当事者のプライドもあって顕在化し難いし、確認できる状況では再生不能な状況にまで陥ってからである。だからコンサルタントにとっては、消極的市場といえるが、遣り甲斐のあるビジネス・シーズだともいえる。

3.垂直・水平展開の見込み

業績不振状況では、コンサルタントフィーの支出にも事欠く状況であろうが、社会貢献度の高い企業はやはり救済しなければならない。補助金の活用などが望まれる。

このページの先頭へ