1. ホーム
  2. サービス一覧
  3. 組合員名別
  4. 渡邉 勝次

さいたま総研のサービス

「渡邉 勝次」のサービス一覧

幻の“所沢牛”の復活・産地化を農商工連携事業で実現

組合員名 渡邉 勝次 所属事業部 農商工連携PRJ
類型 活動広域化課題探索 見本 文書類(中企庁への報告書)

1.サービスの概要

所沢市内の育牛農家の六次化・農商工連携事業化を実現した事例

2.ご用命の見込み

拡散する可能性大。

3.垂直・水平展開の見込み

他府県にもコンサルティング展開。

農業の企業化とコンサルティング手法開発

組合員名 渡邉 勝次 所属事業部 ものづくり事業部
類型 セミナー・講演出稿・著述改善指導診断・評価調査・研究 見本 文書類・冊子類・ドキュメント

1.サービスの概要

日本の耕作地は減少の一途にある。農業就業者の平均年齢は68歳と高齢化し就農者は減り続けている。一方、海外からの農産物輸入は増加している。一見厳しい環境下にあるが、ピンチはチャンスにつながる。ビジネスの世界で築かれた手法は農業ビジネスにも通用する。ピンチのいま、農業分野での診断士の活躍フィールドは広がっている。本案件は、「農業の企業化とコンサルティング手法」と題してエントリーするものである。

2.ご用命の見込み

下本事業は農業をビジネスとして捉え、農業の企業化にむけたコンサルティング手法を開発したものである。待望の事業で市場性は大きい。
内閣府は日本再興戦略として農業を取り上げている。農業の構造改革のめざす方向に農業法人5万社計画・海外農産物輸出1兆円・農地の集積による生産性向上等々を打ち出している。政策総動員の環境下にある。

3.垂直・水平展開の見込み

Web、Facebook等SNSを駆使したマーケティングを展開する。一方、農産物の流通、安手した生産管理、ITの導入等広範なコンサルタントを配置する。各方面のスキル保持者をネットワークとして、案件テーマ毎のタスクホースを組み市場開発を進めていく。

このページの先頭へ