1. ホーム
  2. サービス一覧
  3. 組合員名別
  4. 近藤 隆

さいたま総研のサービス

「近藤 隆」のサービス一覧

商工会・商工会議所の経営発達支援計画の活用

組合員名 近藤 隆 所属事業部 人事おたすけ隊事業部
類型 調査・研究 見本 文書類

1.サービスの概要

平成26年6月の法律の改正で、商工会及び商工会議所が総力を挙げて小規模企業を応援していくため経営発達支援事業が新たに規定された。本事業の内容説明と具体例として川口商工会議所の経営発達支援計画について概観する。

2.ご用命の見込み

2016年4月現在で、商工会は全国に1,673ヶ所、商工会議所は515ヶ所と全国的なネットワークを形成している。

3.垂直・水平展開の見込み

商工会または商工会議所が策定する「経営発達支援計画」は、平成28年7月現在で708件が認定されWEB上で公表されている。これらを参考にターゲットとする商工会・商工会議所の短期的・中期的なニーズにマッチしたセミナーや小規模事業者支援の企画を提案する。

健康経営の推進とストレスチェック制度の活用

組合員名 近藤 隆 所属事業部 経営承継事業部
類型 セミナー・講演 見本 創作物・ドキュメント

1.サービスの概要

2015年6月に経済産業省は、「アクションプラン2015」で企業による「健康経営」の取組促進と企業規模に応じたインセンティブ付与を発表した。これに伴い、2016年度から商工会議所が主体となって「健康経営アドバイザー」を中小企業の健康経営支援のため派遣する。
中小企業診断士や社会保険労務士のビジネスチャンスとなる「健康経営」について、背景と今後の課題につい説明する。

2.ご用命の見込み

対象は日本国内すべての事業者である。特に人材の少ない中小企業では「健康経営」の認知度は5%程度と非常に低く、市場性は有望である。

3.垂直・水平展開の見込み

2016年度から始まる「健康経営アドバイザー」の資格を取得し、ターゲットの商工会議所へ専門家登録する。並行して、「健康経営」推進マニュアルの作成を行い、「健康経営」支援のノウハウの蓄積と標準化を図り、中小企業支援体制を整備する。

このページの先頭へ