経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2011年 2月

月別アーカイブ:2011年 2月

これで万全!経営承継・虎の巻(第26回)

経営承継は中小企業の経営者にとって避けては通れない大きな経営課題です。
経営承継事業部では円滑な経営承継のお手伝いを致します。

■これで万全!経営承継・Q&A

「後継者がステークホルダーからの理解を得る方法」(回答者:門脇研一)

<Question>
事業承継に成功した企業の多くは、社内や株主のみならず、
金融機関・取引先・親族など、あらゆるステークホルダーからの理解を得ていると聞きました。
後継者がステークホルダーからの理解を得るには、どのようにしたら良いでしょうか?

<Answer>
社団法人・中小企業研究センターの「中小企業の事業承継に関する調査研究」によると、
経営の承継について成功に影響を与えたものとして、「関係者への理解」が45.2%で一番となっています。
後継者がステークホルダーからの理解を得ることは、事業承継の成否に大きく影響することは統計的にも明らかです。

以下のようなプロセスで進めていくことにより、ステークホルダーからの理解を得ることが可能となります。

(1)計画を立てる
1.後継者の経営者としての資質や能力などを把握する
2.ステークホルダーが後継者に要求する条件などを見極める
3.いつ・誰に・どのように、認知させていくかを計画する

(2)社内での意思疎通を図る
1.役員および現場社員へ周知する
※特に番頭格や古参社員への十分に配慮が必要となることもあります。

(3)経営をオープンにする
1.営業や財務などのデータを全社で共有しデータの透明性を高める
2.金融機関に財務データや事業計画など、必要な情報を開示していく
※透明性の高い情報開示は、金融機関や取引先との信頼関係の構築に大きく貢献します。

(4)サポート体制を構築する
1.後継者を支える右腕敵存在も、後継者同様に育成しておく
2.前経営者は後継者を信頼し、サポート役として後継者に接していく
※前経営者が経営に強く関与することにより後継者が萎縮してしまい、実力が十分に発揮できないことがあります。

ご感想お待ちしております。
メールからお願いします。

━━━━━経営承継事業部からのお知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆2011年特別企画のご案内◆

 経営承継事業部では2011年特別企画として経営承継ミニセミナー(無料)と 
 経営承継相談会(無料)を2011年3月より開催いたします。

 ■経営承継ミニ・セミナー(無料)
  ▽開催概要(第1回)
   テーマ:円滑な経営承継の実現に向けて
   日 時:平成23年3月10日(木)16:00~17:00
   場 所:mio新都心5F(新都心ビジネス交流プラザ)
   申込み:ミニ・セミナー申込書をダウンロードし必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。

 ■経営承継相談会(無料)
  経営承継の課題は個別企業により異なります。中小企業診断士が、中小企
  業の皆様の経営承継に関する様々なお悩みに対し、じっくりとご相談させ
  ていただきます。ご希望の方には経営承継診断書(簡易版)を無料で作成
  いたします。お気軽にご相談下さい。
  詳細は経営承継相談会をクリックして下さい。

  お問い合わせは経営承継事業部まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ