経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2014年 8月

月別アーカイブ:2014年 8月

那須国造碑

DSC02965 DSC02946

地方分権と東山道

那須地域を廻っていた時に、国宝「那須国造碑」の案内が気になっていた。今夏の一日、歴史好きの仲間と那須を巡ることになり、笠石神社にて、10分程度の時間を取って、石碑を見学することにした。当該碑は、宮城県にある多賀城碑・群馬県にある多胡碑と合わせて、書道史の上から日本三大古碑と称されている。現在は、歴史資料としての価値から、国造碑のみが、国宝に指定されている。(他は重要文化財・特別史跡)

那須地域は、天平の時代は、東山道で都と直結していた、文化の先進地である。那珂川町馬頭の武茂川でとれた砂金が、東大寺の大仏の金鍍金に使われていたとの記録もある。また、大田原市が、現在単位あたりで、栃木県内最大の農産物出荷地帯であることは、地方分権での農業生産の面から、当時の都への人・物の税負担の貢献も伺われる。

東北自動車道を矢板ICで下りて、田舎道を進むと、大きな売り場を持った、農産物直売所の売り場が出てくる。ゴルフ場も多数あるが、経営不振コースは、身売りしてメガソーラー発電所が計画されている。那須与一の墓のある玄性寺をお参りすると、飛鳥地方の里山の風景が広がっている。鮎で有名な那珂川から支流の箒川に囲まれた地域は、平らな農地が広がっている。

笠戸神社の社務所に声をかけると、ご神体となった石碑の収まった祠の鍵を開けてもらえる。その前に、碑の歴史について神主さんのお話を聞くことをおすすめする。造られた西暦700年(特定されている)の東アジアの風景から、活躍した人々が、浮かんでくる。那須国造から那須評そして那須郡へと、地方豪族による分権から、細分化した統治体制確立による中央集権国家への道を歩んだ経緯も証明されている。

碑は、薄暗い社に収まっているが、当時最先端の新羅の石彫りの技術である薬研彫で、永く土の中に埋まっていたため、1300年の経過がなかったようなきれいな状態である。じっと見ていると、文字が浮かび上がってくる感覚に襲われる。碑を作った最後の那須国造の息子は、飛鳥の都に何度足を運んだんだろうと思うと、飛鳥の山里が近く感じてくる。

大幅に超過して1時間を超える見学となってしまった。昼食は、近くの那珂川町の新名物「温泉トラフグ天丼」にした。予約すれば、ふぐさしもお昼に食べられるそうだ。サントリー美術館を手がけた隈研吾さんの、馬頭広重美術館を見学して、ミュージアムカフェでコーヒーを飲んでも、首都圏からゆっくり日帰りで行けるポイントである。

「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」(第8回)

0経営承継は中小企業の経営者にとって避けては通れない大きな経営課題です。
経営承継事業部では円滑な経営承継のお手伝いを致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会連合会 監修)に「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」を執筆しています。

最新は9月号が出ておりまして、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。 「税理」は、3万部発行でして、毎月20日に発売されます。税理士さん向けではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。

今回は、「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」(第8回)「売れる企業にするための企業価値の高め方」です。

<内容要旨>
1.SWOT分析で自社の現状を把握する
2.儲かるビジネスモデルに改革する
3.強みを活かして魅力ある企業にする
4.筋肉質な財務体質にする
5.経営者と会社の資産を分離する
6.労務関係費用を整理する
7.税金を払ってでも内部留保を充実する
8.定性的環境整備で企業価値を高める
9.M&A計画を策定し実行する

詳細は画像をクリックしてみてください。

zeiri1408

第7回経営力アップセミナーのご案内

━━経営承継事業部からのお知らせ━━━━━━━━━━━━━━━

◆2014年特別企画のご案内◆
経営承継事業部では,ご好評により第4回10ヶ月連続「経営力アップミニセミナー」
(無料)を2014年3月より従来と内容を変えて開催しております。
    テーマ:経営力アップ(中小企業の経営承継のために)
第7回セミナーの開催要領は次のとおりです。
■テーマ
「経営力アップのための人材投資」

詳細は2014 ミニセミナー・相談会チラシ(経営力UP)をクリックして下さい。
■会場
新都心ビジネス交流プラザ(mio 新都心5F)
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2(JR 北与野駅前/徒歩0分)
■日時(第7回)
2014年9月11日(木)17:00~18:30 ※受付16:45~

こちらから2014 ミニセミナー・相談会申込書(経営力UP)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。

■経営承継・経営革新相談会(無料)
経営承継の課題は個別企業により異なります。中小企業診断士が、中小企業の
皆様の経営承継に関する様々なお悩みに対し、じっくりとご相談させていただきます。
ご希望の方には経営承継診断書(簡易版)を無料で作成いたします。お気軽に
ご相談下さい。
詳細は「2014 ミニセミナー・相談会チラシ(経営力UP)」をクリックして下さい。

こちらから、2014 ミニセミナー・相談会申込書(経営力UP)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。

お問い合わせ → 経営承継事業部

「みちくさ」江戸歳時記3

紀文稲荷今日、気象庁より関東甲信越地方の梅雨明け宣言がありました。暑さよりも、夏の青い空と湧き立つ雲に誘われ、久しぶりに散歩に出かけました。

いつものように、スタートは会社の目の前の小さなお稲荷さんからです。木陰が涼しそうなので初めてお参りしてみました。なんと鳥居はミカン色なのです。鳥居の扁額を読むと「紀文稲荷神社」と刻まれています。驚くことに、元禄時代の豪商紀国屋文左衛門が京都伏見稲荷神社より御璽を拝受し、お祀りしたといわれている稲荷神社でした。

紀伊国屋文左衛門の店は八丁堀にあり、その下屋敷が現在のみずほ銀行深川支店あたりにありました。当時この付近一帯は運河が縦横に走り、此処に紀国屋文左衛門の船蔵があり、航海の安全と商売の繁盛を祈ってこの地にお稲荷様を祀ったものです。

紀伊国屋文左衛門は、紀州よりミカンを江戸に運び、また材木商として明暦の大火に木曽の木材を買い占め巨万の富を築いたことで紀文大尽として有名です。

しかし、その後、貨幣鋳造に関わる失敗や深川の材木置場のたびたびの火災による損害により材木問屋は廃業しました。紀伊国屋文左衛門自体は、数々の小説、演劇、川柳が残っていますが、その生涯ははっきりせず、出生没年も分かっておりません。

近年、郷土史研究家や歴史学者の研究が進み、廃業後の生活が明らかになってきました。深川八幡の一の鳥居北側に隠棲し、素封家として貸家を営む一方で、風流な俳諧の生活に生涯を過ごしたようです。

紀伊国屋文左衛門とミカンとお稲荷さんには面白いつながりがあります。紀伊国屋文左衛門がミカン船で大儲けをした背景には、当時鍛冶屋や刀鍛冶などを初めに火を扱う職人たちが稲荷神社で行った「鞴(ふいご:鍛冶屋などが火を強く起こすための道具)祭り(118日)」にミカンが撒かれ、そのミカンを食べると風邪や麻疹(はしか)にかからないという俗信があったらしいです。その時期になると、稲荷神社の数が多い江戸ではミカン不足となるため、紀伊国屋文左衛門は大博打を打って、故郷の紀州からミカンを運び巨利を得たといわれています。

散歩コースである稲荷神社清澄庭園目の前の西大島川運河沿いをさかのぼっていくと、紀国屋文左衛門の別邸跡と言われる東京都の「清澄庭園」に突き当たります。今の季節、公園では百日紅の花が咲き誇り、水面をなでる風と共に暑さを紛らわしてくれます。

そして、公園の最寄の駅である地下鉄「清澄白河駅」近所の深川江戸資料館のそばにある小さなお寺、成等院に紀伊国屋文左衛門の記念碑と墓があります。「紀文大尽」と言われた紀伊国屋文左衛門の墓としてはあまりにも小さなものです。紀伊国屋文左衛門についての歴史的研究は進んでいますが、いまだ詳細は分かっておりません。この墓についても、「墓所一覧遺稿」という本に、紀伊国屋文左衛門の墓だと記載されているだけで、「清澄庭園」別邸説と同様に、伝説の「紀文大尽」の墓であるかは不明なのです。文左衛門

しかし、巨万の富と豪遊・没落とういう男のロマンを感じさせてくれる、伝説の豪商紀伊国屋文左衛門知る手かがりとして貴重な場所と思います。東日本大震災の傷跡がまだ修復されないままであることに、寂しさを感じながら帰途につきました。

 

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ