経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. 月別アーカイブ:2016年 8月

月別アーカイブ:2016年 8月

カンボジア雑感

DSC01206(王宮)DSC01522(起業家)

 王宮                            農村の創業者

DSC01513(農村)

 昔からの農村

8月20日~24日にカンボジアを訪問する機会がありました。首都プノンペンとその周辺を廻りましたが、アジアの今を実感し、また訪れたいと感動しました。

今回の目的は、世界で話題になっているマイクロファイナンスの勉強でした。その内容につきましては、カンボジアでは最近延滞率が上がっていること、原因は支援バブルでマイクロファイナンス機関に世界からお金が集まっており、多くの機関で安易な貸出が横行し貸出時点の取り組みが疎かになっているためと説明がありました。訪問現場でのミーティングで、初動の丁寧さとフォローアップの大切さを共有できました。

長谷川先生のコラムで、先端の動きが掲載されていますので、私は初めて訪れたASEANで最後の発展余地が残った国の一つカンボジアの印象を記載します。

子供を大切にする若々しい国というのが、空港からホテルまでの自動車の中から覗いた初印象です。その後、バイク三人乗りで子供を間に挟んで移動している姿や、王宮前広場やチャオプラヤ河岸の遊歩道を若い夫婦が子供連れで散歩する姿や、弟妹の子守する長子の輝く眼が国の未来を示していると感じました。

ただ、中国資本を始めとした首都の開発投資は目で見ても爆発的です。中央部には銀行の超高層オフィスビルが2つ完成しており、計画は続いているとのこと。新都心開発でイオンや東横インも進出していますし、郊外には広大な沼地を埋め立てる再開発計画や、経済特区で縫製工場をはじめとする世界の工場が田畑に進出しています。景気減速期のマイナスが少ないことを祈るばかりです。

農村は副業の現金収入で、木製の柱はコンクリート造になっています。参加者の一人は日本のNGOでシェムリアップ地方の小学校に体育の普及活動を図っている方で「子どもたちには学ぶ機会が男女や地方格差があること、高年齢者には内戦の影響で読み書きできない人が多いこと」など現場の情報も貴重です。

訪問先の農村では、24歳の女性が首都で仕立の修行をし、マイクロファイナンスの資金を元にミシンやバイクを求め、地元で開業している経過を本人から聞きました。日本でも戦後こんな形で中小企業が育ったのでしょう。日本からは若い人材が、カンボジア工場立ち上げで活躍している話も聞いています。

首都プノンペンへは、2016年9月1日からANAが成田から毎日直行便を就航します。ガイドの話では、円安で日本からの観光客が減っているようです、これを機会に是非アンコールワットなど行っては如何でしょうか。

「これで再成長!新事業進出・虎の巻」8月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで再成長!新事業進出・虎の巻」を執筆しています。
最新は9月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで再成長!新事業進出・虎の巻」、ープラス志向の出口戦略ー(第8回)「新事業の新製品開発」です。

<内容要旨>
1.製品力・市場成長力分析
2.新製品開発に必要な情報
3.新製品開発ニーズの情報源
4.製品コンセプトの創出と摺合せ
5.新製品アイディアの評価
6.シナジー効果が評価のポイント
7.シナジー効果の過大評価を避ける
8.新製品開発リスクの回避策
9.既存製品と新製品の位置づけ
10.中小企業の新製品開発戦略の留意点

詳細は以下をクリックしてみてください。
sin1608s

zeiri1608

 

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ