経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. 執筆者:青木 仁志

執筆者:aokidental

歯科医院のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。
取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。
今回は、平成30年10月号掲載の「歯科医院の利益計画」をご案内いたします。

 近年の歯科業界では、従来の売上の中心であった虫歯が減少し、代わって歯槽膿漏やかみ合わせが原因の歯の破折などの慢性の疾病が増加しています。このような状況は疾病構造の変化と呼ばれていますが、これに伴って治療に必要な技術も従来とは異なった技術が要求されるようになってきています。さらにセラミック製の白い歯や歯のホワイトニングといった美容的な治療がクローズアップされていますが、歯科医院などの医療機関は広告が医療法によって制限されているので、適切なマーケティングが行われていないのが現状です。今後の歯科医院の事業展開として重要性を増すと予想される、美容的な審美歯科による粗利の確保、予防を中心とした定期的なメンテナンスによる定常的な売り上げの確保、高齢化によりパイが拡大しつつある老人を対象とした在宅医療による売り上げの確保などについて記述しています。
<内容要旨>
Ⅰ業界の概要
①疾病構造の変化とは何か
②社会の変化
③治療内容の変化
Ⅱモデル企業の概要
①A歯科医院の概要
Ⅲ利益計画の問題点
①外部環境(マクロ環境)
②外部環境(ミクロ環境)
③内部環境分析
④SWOT分析
Ⅳ問題点の改善策
①学習と成長の視点
②業務プロセスの視点
③顧客の視点
④財務の視点
Ⅴ改善後の利益計

 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1810s

zeiri1810

 

これで万全!事業性評価・虎の巻6月号のご案内

平成30年の12ヶ月連載これで万全!事業性評価・虎の巻」の6月号「収益の流れを強化する」をご案内いたします。

5月号まででは、競争相手にどうやって勝つか、そしてお客様に価値をどうやって届けるか、について見てきました。しかし、事業を行うためには、競争に勝つだけでなく、利益も得なければなりません。それも、継続的に利益が得られる仕組みづくりが大切です。
そこで、本稿では収益性の視点でビジネスモデルを検討します。

収益性の視点からビジネスモデルを見た場合、顧客は誰で、どんな価値に対して、対価を誰が、何時支払うのか、を考えることが重要です。

 

掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」6月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 青木 仁志)

1.ビジネスモデルの要素
2.資産価値のある商品の販売
3.お試し版
4.二つの事業を行うモデル
5.リース・レンタル
6.教育ビジネス
7.まとめ

詳細は ↓ をクリックしてください。

jigyou1806s

zeiri1806

「これで万全!事業性評価・虎の巻」3月号のご案内

平成30年の12ヶ月連載これで万全!事業性評価・虎の巻」の3月号「顧客セグメントを安定化・強化する」をご案内いたします。

事業性評価は今に始まった制度ではありません。しかし、多くの金融機関ではこの評価を基に貸し出す事はしておりません。事業性評価による融資を受けるには、まず自社の状況を把握しなくてはなりません。見える化を通して、社長・従業員・金融機関・専門家と一丸となって取り組む必要があります。
本稿では、ビジネスモデルキャンパスによって明確になった問題点の解決方法について、まず顧客セグメントについて解説しています。
掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」3月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 青木 仁志)

1.ターゲット顧客を再定義する
2.最も重要な顧客に集中する
3.顧客の潜在ニーズを開拓する
4.市場の成長性を見極める
5.顧客の細分化または顧客の多角化の道を探る

詳細は ↓ をクリックしてください。
jigyou1803s

zeiri1803

古武道の世界

 昭和48年ごろだったと思います。新聞の文化欄に、室町時代から伝わる天真正伝香取神道流という武道が紹介されていました。それは、現代の武道とは違って、刀や槍・薙刀・棒・柔術手裏剣など、いわゆる武芸十八般すべてを習う武道でした。戦国時代の合戦では、敵はどんな武器を持ってくるかわかりません。ですから、どんな武器にも対応できなければならないのです。当然といえば当然です。これが江戸時代になると、剣術が主体に変わってゆきます。とは言え、鑓や弓もそれなりに修練されていました。
 武道は古くは弓馬鎗剣と呼ばれており、弓術が最も各の高い武道であり、これに次ぐのが馬術そして鎗術と続き、剣術は4番目の格下の武術と考えられていたようです。

 こういった古い武道は古武道と呼ばれています。多い時代には数千もあったといわれる流派のうち100流程度が現在も伝えられています。毎年2月には日本武道館で古武道大会が開かれ、また11月3日の文化の日には明治神宮でも古武道大会が開かれており、一般公開されています。以前は私は毎年見に行っていたのですが、ここ数年は仕事が忙しくて、見に行く暇がありません。今年も見に行きたかったのですが、気が付いたら終わっていました。文化の日には明治神宮に行きたいですね。

 私は縁があって天真正伝香取神道流に入門しました。この流派は先にも書いたように武芸十八般なんでもやる流派ですが、最初に習うのは「表の太刀」という名前の刀同士で戦う形です。ところがこれが、複雑で難しいのです。

敵が面に切りつけてくるので、右側に避けて敵の同を切る。
すると敵はこれを下がって避けて、こちらの左に回りこんで胴に切り込んでくる。
それをこちらも下がって避けながら敵の小手を切り、さらにわき腹を切り上げる。
すると敵はこれを下がって避け横からこちらの小手に切りつけてくる。
それを下がって避けると敵はすかさずこちらに踏み込んで面を打ってくるので、左にかわして敵の面を打つ。

 こんな動作が十以上も続けて連続技にしたものが1つの形になっています。長くて複雑なので、初めて習うと半日練習していても覚え切れません。いや、実を言うと覚えたのです。はじめのうちは先生や先輩たちに「はい。そこで右。」とか「左へ一歩でて小手」とか声をかけてもらいながら体を動かします。そして、習ったその日のうちに、一度も間違わずに、一度も声をかけてもらわずにできるようになったのです。そして家へ帰って復習をしようとしたら、さっきまでできていたのがまったく思い出せないのです。ショックでした。

 翌週の稽古日に道場へ行き、先輩たちの稽古を見ているうちにだんだんと思い出してきます。
すぐに、声かけなしでも間違わなくなります。まだまだぎこちないながらも、なんとなく動けるようになってきました。そして一日の稽古が終わり、家へ買って復習してみると、ちゃんと動きが思い出せます。ちょっとうれしかったです。

 表之太刀と呼ばれる形は、このような長い形が4つあります。最初に習う「五津之太刀」という名前の形が一番短いのですが、それでも覚えるのが大変でした。入門して1ヵ月半ぐらいして、2番目の「七津之太刀」を習いました。その後順次形を教わり、半年ぐらいかけて表之太刀の4つの形を教わりました。あとはひたすら反復練習です。同じ動作を何度も何度も、何ヶ月も何年も繰り返してゆくうちに、一つ一つの動きの意味がわかってきました。手の動き、足の踏む位置や角度などのすべてに意味があるのです。なぜそうするのか、なぜそうでなければならないのか。これがわかってくると単純な反復練習が、謎解きのようで面白くなってきます。
 この後さらに、棒術や薙刀術、居合いや鑓などを習うのですが、それはまた次の機会にお話しようかと思います。

「これで安心!経営革新・虎の巻」11月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は12月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第11回)「経営革新の実現を支える経営戦略の再構築」
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 青木 仁志)です。

<内容要旨>
1.経営革新を行わないリスク
2.アントレプレナーシップとは?
3.経営者に求められること
4.企業文化とは?
5.企業文化のメリットとデメリット
6.コッターによる組織変化の8段階
7.経営戦略の再構築
8.経営資源の再配分

詳細は以下画像をクリックしてみてください。

zeiri1711



事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ