経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. 執筆者:佐藤 節夫

執筆者:佐藤 節夫

獅子舞

hanten_33昨年末、中学校時代の懐かしい仲間との「飲み会」が、地元与野でありました。4年に1度の「同窓会」は、所用が重なり参加出来ず、残念な思いをしたので、今回は万難を排し予定を確保し、出掛けました。理由は、「元カノ」に会えるからではありません。「獅子舞」の名手に会えるからです。「元カレ」とは、中学を卒業して以来、50年ぶりの再会となります。

とは言っても、「元カレ」が「獅子舞」の名手とは「同窓会」のYouTubeを見るまでは全く知りませんでした。https://www.youtube.com/watch?v=22vzgkai2wQ 

「元カレ」の素性は、「岡田民五郎社中」の主宰者で、地元さいたま市では「江戸里神楽」として有名で、「幸福を呼ぶ寿獅子舞」として、祝賀行事・結婚披露宴・企業の各種イベントに引っ張りだこで、テレビやCMにも出ているタレントでした。
http://okadatamigoro-shachu.com/

皆さんご存じのように「獅子舞」は、獅子頭を頭にかぶって舞う伝統的な民族芸能で、日本各地の正月行事や晴れの日に舞われ、幸せを招くと共に疫病退治や悪魔払いとして古くより伝えられています。獅子に頭を噛まれると、その年は無病息災で元気に過ごせるという言い伝えがあります。獅子舞は大自然の霊力を我々に授けてくれる不思議な芸能です。

日本での獅子舞の始まりは、16世紀初め、伊勢の国で飢饉、疫病を追い払うために獅子頭を作り、正月に獅子舞を舞わせたのが始まりといわれています。その後、17世紀に伊勢より江戸へ上り、悪魔を払い、世を祝う縁起ものとして江戸に定着し、祝い事や祭り事で獅子舞いが行われるようになったそうです。

獅子舞が日本の各地に急速に広まったのは、室町時代から江戸時代の初期のころに、「江戸大神楽師」、「伊勢大神楽師」と呼ばれる団体が獅子舞を踊りながら全国をまわり、悪魔払いをしたのがきっかけであると言われています。

日本の獅子舞には、大きく分けて伎楽系と風流系の二つの系統があるそうです。

伎楽系は、獅子の頭につけた胴幕の中に二人以上の人が入って舞う、「二人立ち獅子舞」が多く、これは大陸から伎楽の一つとして伝来したもので伎楽系の獅子舞と言われ、本州中部以西の西南日本で多く見られるそうです。

風流系は、関東・東北地方などで行われている鹿舞(ししおどり)と呼ばれるもので、鹿(しし)の頭をかぶり胸に太鼓を付けた「一人立ちの舞い」で、太鼓を打ちながら踊るものだそうです。

「岡田民五郎社中」は風流系の流れを汲む獅子舞ですが、息子が結婚式でも挙げる機会があれば、是非呼んで前途を祝ってあげたいと思います。また、支援している企業の創立記念日などでも、景気づけし、売上増加に寄与できればいいなと思いました。

経営力アップ講座(第4回)

平成25年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営力アップ講座」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致しております。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成25年11月号(第4回)です。
テーマは、「取引先・販売先の拡大」です。
執筆は、当経営承継事業部の高橋(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  取引先・販売先拡大の重要性
2)  アンゾフの成長ベクトル
3)  製本業8つの変革モデル
4)  取引先・販売先拡大の成功事例
5)  取引先・販売先拡大に向けての留意点
6)  ファイナンシャルプロジェクション
となっております。

詳細は、jshoukei@ss-net.com まで

photo1311

「管工事業」の利益計画(税理平成26年2月号)

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、他の工事業と同様、就業者の高齢化と人手不足に悩む「管工事業」を採り上げました。
 内容は以下の通りです。
1・ 業界の概要 
2・ モデル店A社の概要 
3・ モデル店の利益計画の現状と課題
4・課題・問題点の改善策
5・改善後の利益計画

201402photo
 詳細は、「税理」平成26年2月号を参照下さい。
以下をクリックして下さい。
hon1402

経営力アップ講座(第2回)

平成25年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営力アップ講座」を連載しました。
本コーナーで、順次公開致します。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成25年7月号(第2回)です。
テーマは、「自社経営の見える化」です。
執筆は、当経営承継事業部の佐藤節夫(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1) 経営の見える化とは
2)利益を生むメカニズム
3) 利益創出策と実現性
4)経営の見える化推進上の留意点、
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで
201307photo

経営力アップ講座 (第1回)

 平成25年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営力アップ講座」を連載しました。
本コーナーで、順次公開致します。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成25年5月号(第1回)です。
テーマは、「なぜ、今、経営力アップなのか」です。
執筆は、当経営承継事業部の長谷川 勇(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1) 1つの現実と2つの脅威
2)書籍・雑誌市場の推移
3) 製本業界への影響
4)金融円滑化法の期限到来の脅威
5)電子ブック普及の脅威
6) なぜ、今、経営力アップなのか
となっております。詳細は、
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで
201305photo

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ