経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. コラム

カテゴリー:コラム

「これで安心!経営革新・虎の巻」8月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は9月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第8回)「社風改革で従業員を活性化」です。

<内容要旨>
1.現場から遊離する経営者
2.フラットな組織では従業員は育たない
3.三現主義で現場回帰
4.5ゲン主義で問題解決
5.社風に関する意識調査で従業員の潜在意識を引き出す
6.従業員調査で企業文化を変容する
7.議論を通じて社風改革
8.5ゲン主義で従業員との意思疎通
9.組織図で責任と権限のバランスを
10.経営革新計画の目標達成率を高める

詳細は以下をクリックしてみてください。
kaku1708w


zeiri1708

「これで安心!経営革新・虎の巻」7月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は8月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第7回)「事業構造をスリム化する」です。

<内容要旨>
1.抽出された課題を解決していく手法
2.赤字事業を縮小・廃止・譲渡する
3.継続事業のスリム化
4.事業構造のスリム化で経営革新の経営資源を捻出する

詳細は以下をクリックしてみてください。

kaku1707w

zeiri1707

「これで安心!経営革新・虎の巻」6月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は7月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第6回)「業務DDでビジネスプロセスを精査」です。

<内容要旨>
1.初めに現状の精査ありき
2.業務DDの目的
3.業務DDの範囲
4.研究開発・設計のデューデリ
5.調達業務のデューデリ
6.生産プロセスのデューデリ
7.在庫管理のデューデリ
8.営業・受注システムのデューデリ
9.アフターサービスのデューデリ
10.サプライチェーンのデューデリ
11.デューデリの実施体制
12.デューデリの精査方法
13.業務DDで問題点を把握し改革する

詳細は以下をクリックしてみてください。
kaku1706s

zeiri1706

「これで安心!経営革新・虎の巻」5月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は6月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第5回)「事業DDで事業の現状把握」です。

<内容要旨>
1.中小企業の事業DD
2.事業DDの方法
3.「経営力向上計画」と事業DD
4.事業DDの重要性

詳細は以下をクリックしてみてください。
kaku1705s

zeiri1705

「これで安心!経営革新・虎の巻」4月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は4月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第4回)「財務DDで財務実態を浮彫りにする」です。

<内容要旨>
1.最初にすべきこと
2.実態純資産の把握(貸借対照表)
3.時価評価はゴーイングコンサーンベース
4.正常収益力の把握(損益計算書)
5.ローカルベンチマークの活用
6.財務DDの経営革新計画における必要性

詳細は以下をクリックしてみてください。
kaku1704s

zeiri1704

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ