経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. コラム
  3. 雑誌の窓

カテゴリー:雑誌の窓

経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)

平成26年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致して参りました。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成27年3月号(第6回・最終回)です。

テーマは、「廃業も選択肢の一つ」です。
執筆は、当経営承継事業部の荒川 光一(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  中小企業の廃業の実態
2)  廃業を意識した時
3)  廃業を決断したら
4)  健全廃業で生きがいづくり
5) まとめ
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで

picture201503

経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)

平成26年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致しております。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成27年1月号(第5回)です。
テーマは、「経営承継のネック解消を考える」です。
執筆は、当経営承継事業部の佐藤節夫(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  経営承継を考える
2)  従業員持株会を活用する
3)  種類株式を活用する
4)  信託を利用する
5) 資産管理会社を健闘する
6) まとめ
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで。


photo201501

経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)

平成26年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致しております。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成26年11月号(第4回)です。
テーマは、「M&Aは第3の道」です。
執筆は、当経営承継事業部の野崎芳信(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  M&Aは事業承継第三の道
2)  M&Aによる事業承継への流れ
3)  M&Aの仕組みとポイント
4)  高い売却額を実現するM&Aのために
5) M&A承継を円滑に進めるために
6) 事例に学ぶM&A承継
7) まとめ
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで。

201411photo

経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)

平成26年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致しております。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成26年9月号(第3回)です。
テーマは、「親族外承継の道を探る」です。
執筆は、当経営承継事業部の長谷川 勇(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  親族外承継逆転なるか
2)  親族外承継の増加要因
3)  親族外承継に立ちはだかる壁
4)  親族外承継を円滑に進めるために
5) まとめ
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで。

photo 201409

経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)

平成26年5月号から6回に亘り、東京都製本組合様の機関誌「製本界」(隔月刊)に、
「経営承継ケーススタディ(早期着手・長期計画がカギ)」を連載しました。
本コーナーでは、東京都製本組合様ご了解のもと、順次公開致しております。
今回、ご紹介するのは、「製本界」平成26年7月号(第2回)です。
テーマは、「今、親族内承継が危うい」です。
執筆は、当経営承継事業部の長谷川 勇(中小企業診断士)が担当しました。
内容は、
1)  親族内承継が危うい
2)  親族内承継危機への対応策
3)  事例に学ぶ親族内承継
4)  まとめ
となっております。
詳細は、jshoukei@ss-net.com まで。


photo1407

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ