経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. コラム
  3. 利益計画

カテゴリー:利益計画

居酒屋業のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「居酒屋」を採り上げました。(執筆者:近藤 隆)
居酒屋は、古来より長く存続していますが、1950年代に居酒屋チェーン店が誕生し、1980年代ごろからは格安居酒屋のチェーン展開が始まりました。市場規模は、1992年のピーク1兆4,629億円が最高で以降縮小傾向でありましたが、2013年以降は回復基調にあります。。
「個人の居酒屋」は、低価格チェーン店との競争で収益悪化の厳しい環境にありますが、地域密着で将来も生き残っていけると今後の動向を考えています。。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業A社の概要
3・利益計画の現状と課題
4・課題の改善
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1701s

zeiri1701


CATVのモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「CATV」を採り上げました。(執筆者:野崎 芳信)
CATVは、事業開始60年以上経過しています。以後技術革新と規制緩和などにより、機能・サービスの多様化が進んでいます。
「CATV」の将来は、他分野からの市場参入が多く、サービスの多様化に伴う競争環境は厳しいものがあります。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業の概要
3・利益計画の問題点
4・問題点の改善策
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1612s

zeiri1612

冷蔵倉庫業のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「冷凍倉庫業」を採り上げました。(執筆者:長谷川 勇)
倉庫業は、平成14年の倉庫業法の改正により、物流の効率化・競争力の強化を目的に、許可制から登録制に、料金の事前届け出制度から事後届け出制度へと、規制緩和が進んでいます。
「冷蔵倉庫業」の将来は、設備の老朽化・代替フロン規制の強化・需要減少の三重苦が予想されています。その中で、新たな展開を予定している中小冷蔵倉庫もあります。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業の概要
3・利益計画の問題点
4・問題点の改善策
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1611s

zeiri1611

倉庫業のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「倉庫業」を採り上げました。(執筆者:長谷川 勇)
平成14年の倉庫業法の改正により、物流の効率化・競争力の強化を目的に、許可制から登録制に、料金の事前届け出制度から事後届け出制度へと、規制緩和が進んでいます。
「倉庫業」は、物流ニーズの高度化に対応している結果、BCPにより耐災害性の高い倉庫施設や保管・管理機能の優れた施設への移行を進めています。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業の概要
3・利益計画の問題点
4・問題点の改善策
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい

rieki1603s

zeiri1603

調味料製造業のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「調味料製造業」を採り上げました。(執筆者:近藤 隆)
調味料市場は、景気低迷による消費者の内食志向の高まりもあって拡大が続いています。
消費者の美味しさを求める志向は強く。砂糖・塩・酢・醤油・味噌などの基本の調味料を使わずに、手軽に短時間に本格的な味を実現できる混合調味料のニーズが高まっています。
「調味料製造業」は、このニーズに対応するため、商品開発・提案を進展させ、市場を拡大させています。。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・ソース製造業界の現状
3・モデルA社の概要
4・利益計画の現状と課題
5・課題の改善策
6・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1602s

zeiri1602

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ