経営承継事業部

  1. 事業部トップ
  2. コラム
  3. これで万全!経営承継・虎の巻
  4. これで万全!経営承継・虎の巻(第48回)

これで万全!経営承継・虎の巻(第48回)

経営承継は中小企業の経営者にとって避けては通れない大きな経営課題です。
経営承継事業部では円滑な経営承継のお手伝いを致します。


━━経営承継事業部からのお知らせ━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆2013年特別企画のご案内◆

 経営承継事業部では,第2回「経営承継ミニ・セミナー」(無料)を12月
 終了しました。2月に下記セミナーを、3月からは新たなセミナーを計画
 しています。経営承継相談会(無料)も2011年3月より継続開催しています。      

 ■経営承継ミニ・セミナー(無料)
  ▽開催予定概要(番外編:カンボジャ・ベトナムのインフラ報告)
   日 時:平成25年2月14日(木)17:00~18:30
   場 所:mio新都心5F(新都心ビジネス交流プラザ)
   申込み:下記より申込書をダウンロードしFAXでお申込み下さい
    ※申込書のダウンロードは「ミニ・セミナー申込書」をクリック して下さい。

 経営承継事業部では,ご好評により第2回10ヶ月連続「経営承継ミニ・セミ
 ナー」(無料)を2013年3月より内容を変えて開催します。

 ■経営承継相談会(無料)
  経営承継の課題は個別企業により異なります。中小企業診断士が、中小企
  業の皆様の経営承継に関する様々なお悩みに対し、じっくりとご相談させ
  ていただきます。ご希望の方には経営承継診断書(簡易版)を無料で作成
  いたします。お気軽にご相談下さい。
  詳細は「経営承継相談会」をクリックして下さい。

  こちらから相談会申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。

  お問い合わせ → 経営承継事業部


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■これで万全!経営承継・Q&A

「なぜ、遺言は身近な経営承継対策なのですか」(回答者:荒川 光一)

<Question>
私は60歳の自動車販売店兼自動車修理工場を経営しています。街の小さな自
転車屋から30年間頑張ってきました。有難いことに長女夫婦が手伝ってくれ
ています。私の主な財産は、会社の株式、店舗、修理工場などです。商工会の
勉強会で、まずは遺言を書きなさいと勧められました。相続人は妻の他に子供
3人です。経営者にとって遺言は、本当に身近な経営承継対策なのですか。

<Answer>
中小企業の経営者にとって身近な経営承継対策として遺言の活用が挙げられま
すが、実際には遺言を作成している方はまだまだ少ないようです。そこで、改
めて経営の根幹となる資産を事例に遺言の大切さを考えてみましょう。

1.お家騒動となる自社株の行方 
万一経営者の相続が発生し相続人が複数で遺言書がなかった場合は、自社株式
は他の相続財産と同じように遺産分割が決まるまでは「共有(準共有)」の状態
にあるとされます。なお、会社法においては、株式の共有者が共有株式につい
ての権利行使者1人を決め会社に通知しなければ、共有株式についての議決権
を行使できないと定められています。そして、判例では権利を行使できる者は、
共有株主の持分の価格に従いその過半数で決めるとされております。そのた
め、後継者を決め育成をして承継の路線を決めていても、共有者(共同相続人)
間で経営者の意向に反する者が、後継者になってしまう場合が生じます。この
ことから後継者争い始まり、会社の経営にまで悪影響を及ぼすことになります。
後継者争いを防止するためには、予め遺言で自社株式を承継者に集中してお
けばよかったのです。遺言がなかったため、今まで準備してきた経営承継対策
が水の泡となり、お家騒動を大きくしさらには業績不振企業へと転落していく
結果となり、親族問の絆や金融機関等取引先の信頼関係まで失いかねません。

2.経営基盤となっている経営者個人提供の事業資産の行方
会社にとって大切なのは自社株だけではなく、経営の基盤となっている店舗、修
理工場等の事業資産も同じです。どれが欠けても今の経営に大きな影響を与え
ることになります。自社株式と同様承継者に引き継がなければなりません。

前記1.2.のような大切な経営関連資産の行方については、万一に備え遺言
で承継者を指定し引き継いでください。しかし、遺留分の問題もありますので、
弁護士、税理士等の専門家と相談し作成しておくことが大切です。

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ