経営承継事業部

居酒屋業のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「居酒屋」を採り上げました。(執筆者:近藤 隆)
居酒屋は、古来より長く存続していますが、1950年代に居酒屋チェーン店が誕生し、1980年代ごろからは格安居酒屋のチェーン展開が始まりました。市場規模は、1992年のピーク1兆4,629億円が最高で以降縮小傾向でありましたが、2013年以降は回復基調にあります。。
「個人の居酒屋」は、低価格チェーン店との競争で収益悪化の厳しい環境にありますが、地域密着で将来も生き残っていけると今後の動向を考えています。。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業A社の概要
3・利益計画の現状と課題
4・課題の改善
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1701s

zeiri1701


「これで安心!経営革新・虎の巻」1月号のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで安心!経営革新・虎の巻」を執筆しています。
最新は2月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで安心!経営革新・虎の巻」、(第1回)「経営革新計画の重要性」です。

<内容要旨>
1.経営革新計画の経緯
2.新事業活動促進法の趣旨
3.経営革新計画の成果
4.付加価値が伸びなかった要因
5.アンケートに見る経営革新計画の課題
6.経営力の違いによる経営革新計画の進め方
7.デューデリジェンスの実施
8.本連載の狙い
9.仮に経営革新計画の目標未達でも

詳細は以下をクリックしてみてください。

kaku1701s
zeiri1701

CATVのモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は、「CATV」を採り上げました。(執筆者:野崎 芳信)
CATVは、事業開始60年以上経過しています。以後技術革新と規制緩和などにより、機能・サービスの多様化が進んでいます。
「CATV」の将来は、他分野からの市場参入が多く、サービスの多様化に伴う競争環境は厳しいものがあります。

内容は以下の通りです。
1・業界の概要
2・モデル企業の概要
3・利益計画の問題点
4・問題点の改善策
5・改善後の利益計画


 詳細は↓をクリックして下さい
rieki1612s

zeiri1612

平成29年「これで安心!経営革新・虎の巻」シリーズ連載のご案内

平成29年の「虎の巻」シリーズは、「これで安心! 経営革新・虎の巻」をテーマに12ヵ月連載をいたします。経営革新計画は、広く中小企業に普及していますが、経営の目標(経常利益及び付加価値額の伸び率)は、未達成企業が多くを占めているのが現状です。経営目標を達成させる計画書つくりが、本シリーズの提案です。「虎の巻」シリーズは、今回で7年目に入ります。12ヵ月連載のテーマは、次のとおりです。

1月号 経営革新計画の重要性
2月号 中小企業等経営強化法を活用する
3月号 経営革新計画で経営力を強化する
4月号 財務デューデリで財務の実態を浮き彫りにする
5月号 業務デューデリで事業の現状を把握する
6月号 事業デューデリでオペレーションの現状を把握する
7月号 事業構造をスリム化する
8月号 組織開発で従業員を活性化する
9月号 新製品の開発・生産・新生産方式で経営革新をする
10月号 新役務の開発・提供方式で経営革新をする
11月号 経営革新の実現を支える経営戦略の再構築
12月号 経営革新計画書を作成する

本シリーズは、税理士向けの月刊専門誌「税理」(ぎょうせい社刊、日本税理士会連合会監修)に掲載いたします。

「税理」1月号

「これで再成長!新事業進出・虎の巻」12月号(最終回)のご案内

今、経営承継研究部会のメンバーで、月刊誌「税理」((株)ぎょうせい、日本税理士会監修)「これで再成長!新事業進出・虎の巻」を執筆しています。
最新は1月号が出ており、最新の内容はサイトで紹介はできませんが、前月のものを紹介する企画にしました。
「税理」は、3万部の発行で、毎月20日に発売されます。税理士さん向け ではありますが、一般の方にもわかりやすいように書いています。
今回は、「これで再成長!新事業進出・虎の巻」、ープラス志向の出口戦略ー(第12回:最終回)「3年後のビジネスモデル構想」です。

<内容要旨>
1.ビジネスモデル俯瞰図
2.全社経営戦略との整合性を検証する
3.新事業のビジネスモデルを描く
4.サプライチェーン間競争に勝つ
5.サプライチェーンは利益共同体
6.ビジネスモデル・キャンパスで俯瞰する
7.事業構成の再編成に着手する
8.3年後のビジネスモデルを構想する


詳細は以下をクリックしてみてください。
sin1612s

zeiri1612

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

カテゴリー

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ