ホーム>サービス一覧>事業部別>経営承継事業部

さいたま総研のサービス

「経営承継事業部」のサービス一覧

HACCPの義務化に対応した飲食店向けコンサルティング

組合員名 丸山 達也 所属事業部 経営承継事業部
類型 診断・評価 見本 文書類

1.サービスの概要

HACCPの義務化に対応した飲食店向けコンサルティング

2.ご用命の見込み

コロナの流行を受け、店内及び食品の衛生管理の徹底に取り組む飲食店が増えており、一般消費者も食の安全へ強い関心を寄せている。

3.垂直・水平展開の見込み

2021年6月よりHACCPが完全義務化(猶予期間がこのタイミングで終了する)となる事から、コンサル・指導の需要の増加が予想される。

お金のかからないIT利活用(ベーカリーショップ支援事例)

組合員名 田中 秀文 所属事業部 経営承継事業部
類型 改善指導 見本 文書類

1.サービスの概要

ベーカリーショップへのIT(ホームページ、タブレットレジ、データ活用、キャッシュレス)導入から補助金活用までの支援事例です。

2.ご用命の見込み

小規模事業者へのIT支援サービスです。
補助金活用も含めることで市場性は高まると考えます。

3.垂直・水平展開の見込み

小規模持続化補助金サポートにIT利活用支援を加えることで展開を見込みます。

医療機関の事業承継について

組合員名 青木 仁志 所属事業部 経営承継事業部
類型 調査・研究課題探索 見本 文書類

1.サービスの概要

医療機関、特に旧医療法による医療法人の事業承継は、同法による利益配当の禁止により内部留保が膨らみ、相続税等の問題を生じている。これを始めとした医療機関の事業承継の諸問題を調査しまとめたものを報告する。

2.ご用命の見込み

旧医療法に基づく持ち分の定めのある医療法人は、平成29年3月現在で全国に4万以上あり、関東の近県でも1万以上ある。これらの法人の事業承継は早晩重要な経営課題となると予想される。

3.垂直・水平展開の見込み

持ち分の定めの有る医療法人の事業承継は、医療業界で大きな問題となっており、医療法人である病院・診療所への展開の可能性がある。

中小企業庁「事業承継診断表」を使った営業推進

組合員名 野崎 芳信 所属事業部 経営承継事業部
類型 セミナー・講演出稿・著述 見本 文書類

1.サービスの概要

中小企業庁作成の「事業承継ガイドライン」掲載の「事業承継診断表」を使って、事業承継のニーズを掘り起こすことにより、金融機関の営業推進を支援するもの。
(対象:金融機関支店幹部、営業担当者)

2.ご用命の見込み

全国の中小金融機関(中下位信金・信組)に市場は広がっている。

3.垂直・水平展開の見込み

事業承継は、金融機関商材の宝庫であり、成功事例を示すことによって広がる。

「中継ぎ経営者そして大政奉還」及びX社事例から

組合員名 荒川 光一 所属事業部 経営承継事業部
類型 出稿・著述 見本 文書類

1.サービスの概要

1)「中継ぎ承継者」による事業承継について
2)X社事例研究(事業承継提案のシステム化)

2.ご用命の見込み

少子高齢化の進展から事業承継のニーズは年々高まっている。しかし、中小企業では後継者難から親族内承継は行き詰まり、M&A、MBO等の第三者承継もままならない状況である。そこで、従来もあったが、近年増えている「中継ぎ承継者」による事業承継の方法をご案内する。併せて、事例を通じて難しい事業承継提案のシステム化・パターン化の方法を紹介する。

3.垂直・水平展開の見込み

1)本件は、「経営革新計画」や「第二創業計画」等の計画策定時の基本的な事業承継コンサルティング手法及びツールとして、中小企業診断士や他の士業のビジネスチャンスの拡大の一助となる。
2)「中小企業診断士や士業の研修」や「経営者向けの経営力アップセミナー」のツール及び「提案資料作成ツール」としての活用ができまる。

このページの先頭へ