ホーム>お知らせ>出版のご案内>「税理」11月号のSDGs経営・虎の巻「ESGとSDGs経営」のご案内

お知らせ

「税理」11月号のSDGs経営・虎の巻「ESGとSDGs経営」のご案内

令和3年の12か月連載「これで万全!SDGs経営・虎の巻」の11月号「ESGとSDGs経営」をご案内いたします。
本連載は、株式会社ぎょうせい社発行の税理士向け月刊専門誌「税理」11月号(日本税理士会連合会監修)に掲載されています。

ESGとは、E(Environment環境)、S(Social社会)、G(Governanceガバナンス)の頭文字をとったもので、SDGsとともに注目されています。
企業経営は、単に自社の利益の追求だけでなく、環境問題はじめ社会的課題の解決への貢献が求められており、ESGを取り込んだ経営(EDG経営)への転換を考える必要があります。
ESGへの取り組みは、サプライチェーンの中核企業からのESGの要求への迅速な対応や金融機関での事業性評価におけるプラス要因となることや企業イメージの向上、新たな事業機会の創出等のメリットを享受することができます。(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

内容要旨

  1. ESGとは
  2. ESGとSDGsの関連性
  3. ESG投資の状況
  4. ESG経営の重要性
  5. 金融機関の動向
  6. ESG経営のメリット
  7. おわりに

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和3年10月号

このページの先頭へ