ホーム>お知らせ>出版のご案内

お知らせ

「出版のご案内」のお知らせ一覧

「税理」5月号 経営デザイン・虎の巻「現状のビジネスモデルを分析する」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の5月号「現状のビジネスモデルを分析する」をご案内いたします。

掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」5月号(日本税理士会連合会監修)です。

経営デザインシートの、これまでの価値創造メカニズムの中の、ビジネスモデルについて現状分析します。
現在のビジネスモデルは、事業の立ち上げから現在に至る課題解決の歴史に裏付けられています。
具体的には、創業時の事業にかける思い、事業拡大局面での障壁、競合の参入、技術革新、行政指導の変化、パートナーの支援などの各々の局面における課題解決時に作り上げてきました。それ故に、しがらみも多くなっています。現状分析では、しがらみをはじめとした課題を明確にします。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 野﨑 芳信)

    1. ビジネスモデルとは
      1. ビジネスモデルとは
      2. 経営デザインシートでの位置づけ
      3. ビジネスモデル分析のフレームワーク
      4. ビジネスモデルの見える化
    2. 5年連続損益計算書で問題点把握
    3. 収支悪化の原因分析
    4. 各事業の採算性から将来性を推測
    5. ニーズと提供価値とのずれ
    6. 経営資源の使い方の問題
    7. パートナー選定の問題
    8. 顧客へのアクセスの是非は
    9. ビジネスモデルを分析する効果

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年5月号

「税理」4月号 経営デザイン・虎の巻「現状の価値創造メカニズムを分析する」のご案内

令和2年の12か月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の4月号「現状の価値創造メカニズムを分析する」をご案内します。

経営デザインシートの「自社の目的・経営理念・特徴・経営方針」の欄と「これまでの価値創造メカニズム」の欄について解説します。両欄で、売上低迷の原因把握の視点から、貴社の現状を分析し、価値創造の仕組みを理解してください。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」4月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 青木 仁志)

  1. 自社の存在意義を再確認する
    1. 経営理念の明確化
    2. 存在意義と社会的責任
  2. 現在のビジネスモデルを分析する
  3. 過年度の損益計算書分析
  4. 提供価値とニーズとの適合性を分析する
  5. 無形資産の分析
  6. 外部環境の分析の影響
    1. 3C分析でミクロ環境分析
    2. PEST分析でマクロ環境分析
      1. 政治変化の影響
      2. 経済変化の影響
      3. 社会変化の影響
      4. 技術革新などの影響
  7. まとめ

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年4月号

「税理」3月号 経営デザイン・虎の巻「「経営をデザインする」のメリット」のご案内

令和2年の12か月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の3月号「「経営をデザインする」のメリット」をご案内します。
経営デザインシートは、俯瞰的・全体的視野での事業構想を考える上で有効なツールといえます。フレームワークを活用することで、論点を網羅し、見える化により全体の整合性を確保できるという特徴があります。また、全体を俯瞰でき、時間軸で「これまで」と「これから」、その移行戦略をロジカルに、図解によって可視化しています。図解により視覚で分かる経営デザインシートは、対話ツールとして優れています。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」3月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

  1. 対話ツールとしての活用シーン
    1. 社内での後継者・従業員との対話
      1. 役員会・幹部会、従業員の参画
      2. 事業承継
    2. 社外の関係者との対話
      1. 支援者(税理士、中小企業診断士等)
      2. 金融機関
      3. 連携企業(オープンイノベーション)
  2. まとめ

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年3月号

「税理」令和2年2号「経営デザインシートの特徴」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の2月号「経営デザインシートの特徴」をご案内いたします。
今回は、経営デザインシートの特徴である、フレームワーク思考の説明を手始めに、経営デザインシートの特徴を示しました。
過去・現在の延長上に目標をたてるのではなく、ゴール(将来のありたい姿)から逆転の発想で「経営をデザイン」ことが重要でとしています。「将来を構想する」思考補助ツールで、まさに未来を見据えた戦略を策定するフレームワークなのです。

掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」2月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 野﨑 芳信)

  1. フレームワーク思考
    1. フレームワーク思考の基礎
    2. 中小企業向けのフレームワーク
      1. ローカルベンチマーク(ロカベン)
      2. 事業価値を高める経営レポート
      3. 経営デザインシート
  2. 経営デザインシートの特徴
    1. 経営をデザインするフレームワーク
    2. 経営デザインシートの特徴
      1. 1枚で全体を俯瞰できる
      2. 時間軸を意識できる
      3. 想いを記載できる
      4. 大切なことを明確化する
      5. 資源・ビジネスモデル・価値の関係性を意識しやすい
    3. 経営デザインシートの活用方法
      1. ビジネスモデル構築の指針
      2. 価値を見いだす仕組みの見える化

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年2月号

「税理」1月号の経営デザイン・虎の巻「なぜ経営デザインか」のご案内

「虎の巻」シリーズは、令和2年1月号をもちまして、連載10周年を迎えました。永年のご購読ありがとうございます。今後も、密度の濃い執筆に努めます。引き続きご購読をお願いいたします。
令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の1月号「なぜ、経営デザインか」をご案内いたします。
世界経済は、3大自働車メーカー(GM・フォード・クライスラー)の時代から、4大IT企業・GAFA(Google,Apple,Facebook,Amazon)の時代へと転換しています。ハードからソフトの時代です。この潮流に乗り遅れたのが、失われた30年です。現状から脱皮するには、現在のビジネスモデルを前提に、改良・改善を進めるのではなく、時代が求める価値を構想し、価値を提供できるビジネスモデルを追求し、ビジネスモデル実現に必須の経営資源を調達する、バックキャスティング思考の提案です。
本連載は、経営デザインシートのフレームワークを基調にした発想転換の思考を紹介し、新しいビジネスモデルを実現することを目的としています。

掲載誌は、株式会社ぎょうせい社発行の税理士向け月刊専門誌「税理」1月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

  1. 求められる発想の転換
  2. 迫りくるマイナス成長の陰
  3. 経営デザイン思考とは
  4. 経営デザインシートの骨格
  5. 経営デザインシートの概要
  6. 求められる思考の転換
  7. フレームワーク思考
  8. 経営デザインシートのメリット

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年1月号

このページの先頭へ