ホーム>お知らせ>出版のご案内

お知らせ

「出版のご案内」のお知らせ一覧

「税理」11月号 経営デザイン 虎の巻「新ビジネスモデル構築への移行戦略」 のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の11月号「新ビジネスモデル構築への移行戦略」をご案内いたします。

掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」11号(日本税理士会連合会監修)です。

11月号では、いよいよ経営デザインシートの最後となる、新ビジネスモデル構築への移行戦略です。
移行戦略は、新旧の価値創造メカニズムを橋渡しする戦略ともいえ、既存事業と新事業への資源配分が重要となります。
自社の経営環境を踏まえ、移行計画のステージごとに、移行のための課題や必要な資源の調達など解決策を明らかにして実行していきます。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 田中 秀文)

  1. 経営デザインシートの位置付け
  2. 新旧ビジネスモデルの橋渡し戦略
  3. 発想は大胆に、実行は綿密に行う
  4. 外部環境変化の影響度を把握する
  5. これからの提供価値という戦略視点
  6. 必要資源と機能の獲得
  7. オープンイノベーションの推進
  8. 提供価値の視点でシナリオを描く
  9. マイルストーンを設けシナリオ化

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年11月号

「税理」10月号 利益計画 「米菓製造業のモデル利益計画」 のご案内

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業とバラエティに富んでおり、関連する業界データも豊富で、読み物としても面白く、読者である税理士の先生からの反響も良いと聞いております。

今回は日本のお菓子の中で確固たる地位を占める米菓製造業です。
米はパンに主食としての首位の座を奪われましたが、お菓子の分野では、米菓がビスケットをわずかながら抜いて対抗しています。
(執筆者:中小企業診断士 野﨑 芳信)

内容は以下の通りです。

  1. 業界の概要
  2. モデル企業A社の概要
  3. 課題に対する改善策
  4. 改善後のモデル利益計画

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年10月号

「税理」10月号 経営デザイン・虎の巻「ビジネスモデルを構築する資源を構想する」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の10月号「ビジネスモデルを構築する資源を構想する」をご案内いたします。

掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」10号(日本税理士会連合会監修)です。

経営デザインシートの「これからの価値創造メカニズム」を構築するステップは、(1)提供価値、(2)ビジネスモデル、(3)資源の順で検討していきます。本号では、新たなビジネスモデルをうまく回していくために必要な「資源」について説明します。
自社の競争優位性(コアコンピタンスの源泉となっている資源を「VRIO分析」で見出していくことが必要です。また不足する資源をいかに調達し、既存資源との最適配分を通じて、限られた資源の最大限の活用を図ることが重要です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

  1. 資源の位置付け
  2. 資源とは
  3. 必要な資源の洗い出し
  4. 既存資源の整理
  5. 資源とコアコンピタンス
  6. VRIO分析
  7. 不足する資源の調達
  8. 資源の配分
  9. 事業計画への落とし込み

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年10月号

「税理」9月号 利益計画 「パン製造小売業のモデル利益計画」 のご案内

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。
取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業と多岐に渡り、業界動向の把握や経営計画策定のポイントを示しており、読者である税理士の先生からの好評を得ています。

今回は、焼きたてパンを売りにするベーカリーショップです。
パン生地から焼き上げまでを自店で製造するスクラッチ製法にこだわり、他の競合店との差別化を図りながら、人手不足などの課題に取り組むパン屋さんの経営改善事例をご覧ください。

  1. 業界の概要
  2. モデル企業A社の概要
  3. 課題に対する改善策
  4. 改善後のモデル利益計画

執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 田中 秀文

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年9月号

「税理」9月号 経営デザイン・虎の巻「これからのビジネスモデルをスケッチする」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の9月号「これからのビジネスモデルをスケッチする」をご案内いたします。

経営デザインシートの、これからの価値創造メカニズムの中の、ビジネスモデルの開発手順についてスケッチします。中長期のビジネスモデル構築には、飛躍した目標を目指すバックキャスティングの考え方が有効です。現時点のビジネスモデルにこだわることなく、これからの提供価値を生み出すための、最適の事業ポートフォリオを考えていくことが必要です。すなわち、現在の社内外の資源に捉われずに、自社の商品・サービスはどうあるべきか、顧客に対しどのようにアクセスすべきか、だれと連帯すべきか、を考えて構想することが求められます。
掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」9月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 野﨑 芳信)

  1. ビジネスモデル構築の位置付け
  2. ビジネスモデル構築の考え方
  3. ビジネスモデル構築の準備
  4. ビジネスモデル構築の手順
  5. プロセスを構造化する
  6. ビジネスモデルの2つのフェーズ
  7. ビジネスモデルの見える化
  8. ビジネスモデルを構想する効果

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年9月号

このページの先頭へ