ホーム>お知らせ>出版のご案内

お知らせ

「出版のご案内」のお知らせ一覧

「税理」2月号のSDGs・虎の巻「バックキャスティング思考でSDGs目標実現」のご案内

令和3年の12か月連載「これで万全!SDGs経営・虎の巻」の2月号「バックキャスティング思考でSDGs目標実現」をご案内いたします。

本連載は、企業経営の視点でのSDGsを研究しますが、2月号では「中小企業が企業としてSDGsに取り組むアプローチの端緒」についてまとめました。

企業が、長期ビジョン・経営計画を策定するにあたっては、外部環境分析が大切です。しかし、手持ちの材料で、現状分析は可能であっても、中小企業は外部環境の長期の将来予測は困難です。
環境激変期であれば、困難性は更に増加します。SDGsの各目標は、企業が将来設計をする上の貴重なヒントを与えます。

企業のSDGs利用にあたっては、17のSDGs目標の中から自社の長期戦略にあったビジョンを構想し、目標を選定し、長期行動計画を作成し、実施内容を記録・検証していきます。具体的には、アポロ計画が代表事例の、バックキャスティング思考で実践することで実現します。

本連載は、株式会社ぎょうせい社発行の税理士向け月刊専門誌「税理」2月号(日本税理士会連合会監修)に掲載されています。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 野﨑 芳信)

内容要旨

  1. 200年企業とSDGs
  2. SDGsの概要
  3. SDGsを支えるつの理念
  4. 5つの原則(先月号で説明済)
  5. 持続可能な17の開発目標(ゴール)
  6. 169のターゲット
  7. 長期ビジョンを設定
  8. 長期目標を設定
  9. 事業転換の視点
  10. バックキャスティング思考で実践
  11. アポロ計画が代表事例

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和3年2月号

「税理」1月号のSDGs・虎の巻「今、なぜ企業経営にとりSDGsか」のご案内

令和3年の12か月連載「これで万全!SDGs経営・虎の巻」の1月号「今、なぜ企業経営にとりSDGsか」をご案内いたします。

近年は、人類が過去に経験したことのない気候変動により、大規模な洪水、山火事や砂漠化が進展し、人類を含む地球上のすべての生物の生存を脅かす危機が近づいています。このような危機をくい止めるべく、国連総会で採択されたのがSDGs(持続可能な開発目標)です。目標達成は、政府や公共部門だけでなく、民間企業は勿論のことわれわれ個人も、目標達成のための行動変容が求められています。

本連載は、企業経営の視点でのSDGsを研究しますが、1月号ではSDGsが登場して背景を知ることで、そのバックグラウンドからSDGsの本質を深く理解することを期待しています。

本連載は、株式会社ぎょうせい社発行の税理士向け月刊専門誌「税理」1月号(日本税理士会連合会監修)に掲載されています。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

内容は以下の通りです。

  1. SDGsの背景
  2. SDGs採択に至る経緯
  3. SDGsに至る民間活動
  4. CSRによる社会的課題の解決
  5. CSVによる社会的課題の解決
  6. CSRとCSV,SDGsの違い
  7. SDGsの登場
  8. 今、なぜ企業経営にとりSDGsか
  9. SDGs経営ビジョン作成の留意点
  10. まとめ

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和3年1月号

「税理」2020年12月号「食肉卸売業のモデル利益計画」のご案内

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。
取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業と多岐に渡り、業界動向の把握や経営計画策定のポイントを示しており、読者である税理士の先生からの好評を得ているとのことです。

今回は、「食肉卸売業のモデル利益計画」を採り上げました。
中小の食肉卸業者は、消費者の低価格志向や仕入における価格交渉力が弱いこと、小売業者や外食産業のバイイングパワーの高まり等を要因として、低収益構造となっています。今後の事業展開の安定化を図る上で、安全性の確保を前提に収益力の向上が喫緊の課題と言えます。中小事業者ならではの地道な努力を前提とした利益計画をご覧ください。(執筆者:中小企業診断士 三嶋 弘幸)
内容は以下の通りです。

  1. 業界の概要
  2. モデル企業の概要
  3. 現状分析
  4. 課題の改善策
  5. 改善後の利益計画

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年12月号

「これで万全!SDGs経営・虎の巻」連載のご案内

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

経営承継事業部は、平成21年の「これで万全!経営承継・虎の巻」(24カ月連載)、平成25年の「これで納得!経営革新・虎の巻」(12カ月連載)、平成26年の「これで安心!事業承継M&A・虎の巻」(12カ月連載)、平成27年の「これで成功!健全廃業虎の巻」(12カ月連載)、平成28年は「これで再成長!新事業進出虎の巻」(12カ月連載)、平成29年は「これで安心!経営革新虎の巻」(12カ月連載)、平成30年は「これで万全!事業性評価虎の巻」(12カ月連載)、令和元年(平成31年)は「これで万全!企業再生虎の巻」(12カ月連載)、令和2年は「これで万全!経営デザイン虎の巻」(12カ月連載)と連載をしてまいりました。
これに続き、令和3年は「これで万全!SDGs経営虎の巻」の12カ月連載を開始しました。
掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の月刊誌「税理」(日本 税理士会連合会監修)です。
執筆テーマは以下を予定しています。

  • 1月号 今・なぜ企業経営にSDGsか
  • 2月号 バックキャスティング思考でSDGs目標実現
  • 3月号 SDGs普及による中小企業の環境変化
  • 4月号 建設業界のSDGsビジネスモデル
  • 5月号 物流業界のSDGsビジネスモデル
  • 6月号 農林業のSDGsビジネスモデル
  • 7月号 IT業界のSDGsビジネスモデル
  • 8月号 食品業界のSDGsビジネスモデル
  • 9月号以降 各種業界のSDGsビジネスモデル
  • 12月号 SDGs経営導入の留意点

以上 ご期待ください。
なお、1月号は店頭に並んでいます。ご購読いただければ幸いです。

「税理」令和2年1月号
SDGs 17の目標

「税理」令和2年12月号経営デザイン・虎の巻「経営デザインシートに要約する」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の最終号12月号「経営デザインシートに要約する」をご案内いたします。
今月号は、過去11ヶ月間の各論を、経営デザインシートに要約し、新事業構想の実行段階での留意点の要点を説明します。

新事業の着手に際しては、共通理解を得られるフレームワークである経営デザインシートで、新事業構想をステークホルダーに説明し協力を得ることが新事業成功の要因です。金融機関には、事業性評価を得られるように努めます。
(執筆者:経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

  1. 価値創造メカニズムで要約する
  2. ビジネスモデル俯瞰図で見える化する
  3. ステークホルダーの期待と不安
  4. しがらみの抵抗勢力
  5. アート・クラフト・サイエンス思考
  6. 創業経営者の立場
  7. 後継者に実行責任を自覚させる
  8. 従業員と事業の将来性を共有する
  9. 金融機関の事業性評価を高める
  10. 取引先の理解を得る
  11. まとめ

詳細は画像をクリックしてください。

「税理」令和2年12月号

このページの先頭へ