経営承継事業部

カテゴリー:コラム

「税理」9月号 経営デザイン・虎の巻「これからのビジネスモデルをスケッチする」のご案内

令和2年の12か月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の9月号「これからのビジネスモデルをスケッチする」をご案内します。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」8月号(日本税理士会連合会監修)です。

前月号より、経営デザインシート後半の「これからの価値創造メカニズム」を説明しています。
経営デザインシートは、中長期計画で「提供価値」を実現するイノベーションを促進することが狙いです。「夢の実現を目指す新事業」をデザインする最適なフレームワークです。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 野﨑 芳信)

<内容要旨>
1.ビジネスモデル構築の位置付け
2.ビジネスモデル構築の考え方
3.ビジネスモデル構築の準備
4.ビジネスモデル構築の手順
5.プロセスを構造化する
6.ビジネスモデルの2つのフェーズ
7.ビジネスモデルの見える化
8.ビジネスモデルを構想する効果

詳細は↓をクリックしてください
https://ss-net.com/succession/files/design2009s.pdf

南アフリカ

喜望峰

 

 

ケープタウン蘭東インド会社砦

 

 

新型コロナウイルスで自宅待機を余儀なくされて、いくつか考えた。

1.地球の歴史
宇宙の始まり  13,800,000,000年 ビックバン
地球の誕生    4,600,000,000年
生物の始まり   4,000,000,000年 他宇宙から隕石とともに飛来したとの説もある
同ウイルス    3,000,000,000年 ???
現人類の始まり       130,000年 現生人類ホモサピエンス
文字に書かれた日本    2,100年 漢書 地理誌
西洋の躍進から       500年 喜望峰発見、バスコ・ダ・ガマのインド航海
ウイルスは、人類よりずっと地球に住んでいるとのこと。現在人間に流行しているウイルスは、動物と共生してきたものが人間に移った。人類とウイルスの交流の始まりは不明。地球で生きていくからは、ウイルスとは親しく付き合っていくしかないと思う。

2.南アフリカの地学的意味
地球誕生とともに、アフリカ大陸はでき、大陸分化により各大陸に分かれた。先カンブリア紀に組成された各種金属・鉱物はこの時期に作られたと言われる。ウラン、金、ダイヤモンドなど多くの希少資源は南アフリカで大量に発見され、ボーア戦争へとつながった。

3.南アフリカの生物的意味
地球上のヒト類は、現在のところアフリカ南部で生まれ、世界に広がったことが確認されている。最近の遺伝子研究で、ネアンデルタール人・ホモサピエンスが同時に生息していた時代もあるとされている。ただ、発見された人骨からの研究で、朽ち果ててしまったものは残っていない。動物・植物には他の地域由来の種があるが、なぜかヒトはアフリカから世界に広がってきた。残念ながら、地球の歴史の中では、ほんの一瞬の時間でしかない。

4.南アフリカの歴史的意味
近世・現代の人類の繁栄の源は、大航海時代と産業革命による富の集積にあると言われる。その後、西洋から始まった民主主義と大量生産方式の確立が、世界的なヒトの交流を生んだ。
大航海時代のスタートの一つとして、15Cの喜望峰発見、アフリカ南航路の開拓がある。16Cにはポルトガル、17Cにはオランダ、18Cにはイギリスが南アフリカのケープタウンを基地に世界貿易による富を集めた。バスコ・ダ・ガマがインドの王様に持参した贈物は東洋の人々にとって、珍重するものでなく、貿易品は東洋の香辛料や織物や陶磁器などの産物を西洋にもたらすものであった。その後、武器が商品となった。19Cのボーア戦争で南アフリカの金やダイヤモンドを押さえたイギリスが、権謀術策を巡らせ世界の覇権を握り、富の西洋への偏在を実現した。現在、中国は、過去の偏りをもとに戻すべく、新たな挑戦を行っている。いずれにしても、ウイルスの歴史に比べなんと短い間の出来事か。

「税理」8月号 経営デザイン・虎の巻「これからの提供価値を構想する」のご案内

令和2年の12か月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の8月号「これからの提供価値を構想する」をご案内します。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」8月号(日本税理士会連合会監修)です。

今月号より、経営デザインシート後半の「これからの価値創造メカニズム」を説明します。手始めに、「事業目的・事業概要」、「経営方針」と「提供価値」の説明します。
経営デザインシートは、中長期計画で「提供価値」を実現するイノベーションを促進することが狙いです。「夢の実現を目指す新事業」をデザインする最適なフレームワークです。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

<内容要旨>
1.2つの選択肢
2.価値創造メカニズムでの位置づけ
3.バックキャスティング思考が原点
4.価値とは何か
5.価値の種類
6.価値評価基準としてのQCD
7.新事業を羽ばたかせるプロセス
8.マインドセットの変革
9.SDGs志向の提供価値を創出する
10.事業目的・経営方針を刷新する
11.まとめ

詳細は↓をクリックしてください
https://ss-net.com/succession/files/design2008s.pdf

ひとり街歩き(神戸)

コロナ禍自粛解除後のとある6月、不要不急にあらず神戸に向かう。

大阪生まれの私にとっては、近隣の馴染みの地ですが宿泊を伴って訪れた記憶はありません。

東京からの東海道新幹線は閑散としていましたが、雨降る神戸の街は意外と活気がありました。

三宮センター街は密状態。でも、皆さんマスクしてるんですね。

お昼に蕎麦屋さんに入り、きつねそばと言うとタヌキですね、と返されました。

そうそう。関西では、そばに甘あげをタヌキって言います。(ちなみに、きつねは、うどんのこと)。埼玉に移り住んで早30年、感が鈍ったようです。

南京町は中華街近辺で蕎麦を食べるのも如何なものと思うも、気分次第で食べたいものを食べるのも一人街歩きの良さです。

神戸の街は、歩きやすく道に迷わない。

北に六甲山、南に港、高層ビルが少なく、通りのどこからでも方角が探れます。

ぶらぶら歩きながらも、頭の中は、クールファイブの「そして神戸」の歌が離れない。いしだあゆみの「ブルーライト横浜」みたいなもの。

街中を抜けて港に向かい、震災メモリアルパークへ。もう25年かと故人を悼む。震災前の神戸の街風景があまり思いだせないのですが、港はとてもきれいに整備されなと思います。

今日のお泊りは、その港にできた温泉付きのホテルです。

湯に浸かったあとの夕食は、雨ということもあり、ホテルでのビッフェバイキングにしました。

そこで驚き、なんと席からビュッフェコーナーに取りに行くとき、マスクと手袋着用なんですね。

面倒かと思う反面、意外とゆっくり吟味して選べて、一時のことでしょうが、これもありかなと思います。

皆さん、きちっとルールどおりに、適応能力の高い国民性のあらわれかなと。

明日は姪っ子の結婚式。

晴れたら良いなと思いつつ、窓から港を望む光景を写真に1枚おさめました。

「税理」7月号 経営デザイン・虎の巻「外部環境分析から将来のウォンツを発掘する」のご案内

令和2年の12ヶ月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の7月号「外部環境分析から将来のウォンツを発掘する」をご案内いたします。
「今後の環境変化を予測し、ニーズ・ウォンツを訴求できる価値創造メカニズムを構築する」ことが、経営デザインシート作成の目的です。本号では、これからの外部環境分析からウォンツをいかに発掘するかについて、マクロ環境分析の代表的なフレームである「PEST分析」を用いて説明しています。
(執筆者:経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

内容は以下の通りです。
1.経営デザインシート
2.外部環境分析の有効性
3.PEST分析とは
4.PEST分析から事業機会を捉える
5.ニーズとウォンツ
6.P.政治的要因
7.E.経済的要因
8.S.社会的要因
9.T.技術的要因
10.まとめ

詳細は↓をクリックしてください。

design2007s

 

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ