経営承継事業部

事業部トップ>執筆者:長谷川 勇

執筆者:長谷川 勇

「税理」令和6年7月号「虎の巻『心理的安全性が低い職場の4つの不安』」のご案内

令和6年の12ヶ月連載「これで万全!心理的安全性・虎の巻」の7月号「心理的安全性が低い職場の4つの不安」をご案内いたします。

心理的安全性を満たす組織は、アカデミックな想定にすぎないと評する識者もいるように、実現困難な理想像です。困難な課題故に、チャレンジ精神を刺激する世界の普遍的な課題でもあります。チャレンジャブルな課題に挑戦するには、経営コンサルティングの手法に沿って、課題解決のプロセスを実行する必要があります。
本稿では、上記プロセスのうち、心理的安全性の実現を拒んでいる心理的課題の把握、心理的課題を引き起こしている組織的背景の把握、組織的背景の改善策について提案をします。

掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」7月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

内容要旨
anzen2407s

懐かしの映画音楽: センチメンタルジャーニー(10)

    

懐古趣味ではないが、最近は映画全盛期の1960年代、1970年代の懐かしい青春の思い出と重なる映画音楽を楽しんでいる。積極的に音楽を楽しむことよりも、昔と変わらずリズムの聞き流しである。

曲のタイトルは、曲を聴いただけではほとんど思い出せない。いわんや歌詞などはほとんど記憶にない。懐かしのリズムを聞きながら、脳のリズム体操を楽しんである。ただ静かに聞くだけでなく、懐かしの名曲を、声を上げて合唱したり踊ったりするとどうなるだろう。

山歩きの友人に、アコーディオンの名手がいる。高齢者施設から声がかかり、ボランティア活動をしている。高齢者にとり、アコーディオンのメロディーに合わせた合唱は、脳力を鍛え認知症予防になることが、ネットで種々報じられています。

私の場合、寝る前に布団の中で読書しないと眠れない生活習慣病があり、読書しながらユーチューブで副作用のない睡眠導入剤としての、懐かしの映画音楽を楽しんでいる。

「税理」令和6年4月号「虎の巻『心理的安全性が注目される理由』」のご案内

令和6年の12ヶ月連載「これで万全!心理的安全性・虎の巻」の4月号「心理的安全性が注目される理由」をご案内いたします。

「危機感を持たないことが、最大の危機である」とは、正に名言です。ダイバーシティの時代は、「正 × 反 ⇒ 合」と、過去からの脱皮を生みだす弁証法的発展の機会です。別の表現をすれば、ダイバーシティ&インクルージョン(包括性=平和的共存)は、安定した旧秩序の波乱要因であり、失われた30年に対する「泰平の眠りを覚ます蒸気船」の役割を期待できる絶好の機会です。心理的安全性は、リスクを感じないで本音で話し合えるこの機会を活かす前提条件として注目されています。

式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」4月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)

内容要旨

  1. 心理的安全性への注目のきっかけ:プロジェクトアリストテレス
  2. 日本で心理的安全性が注目される背景
    2-1 失われた30年
    2-2 失われた30年の諸要因
    2-3 失われた30年からの脱却
  3. 人口減少社会
  4. メンバーシップ型雇用の弊害
  5. 仕事のストレスが多い日本社会
  6. 心理的安全性が低い日本の社会
  7. 心理的安全性を支える環境変化
  8. 失われた30年からの脱却の機会に

詳細は↓をクリックしてください。

anzen2404s

センチメンタルジャーニー(9)こころの歌

私は、ラジオ・テレビの歌番組はほとんど聞かない・見ない人間です。カラオケに行って、下手な歌を歌う・聞かされるのも好みではない。テレビ番組で唯一聞きたい・見たいのがFORESTAだけ出演の1時間番組の「こころの歌」です。
FORESTAは、男性7名。女性12名、ピアニスト男女各1名のグループで、全員音楽系の大学・大学院卒の異色のコーラスグループです。

美しい日本の言葉・美しい旋律を次世代へ歌い継ぐ「BS日本・こころの歌」は、コーラスグループ「FORESTA」のみが出演する1時間番組で、童謡・唱歌、明治から平成までの思い出の名曲を選曲しています。

言葉の表現が正しいかどうか知りませんが、蛮勇をふるって説明すれば童謡・唱歌・歌謡曲を歌曲の発声法に編曲して、ピアノ伴奏で放送しています。カメラワークも美しい。取り上げている曲の一部を紹介しますと、

・あの素晴しい愛をもう一度 ・青い瞳         ・恋の季節
・愛の渚          ・夜明けのスキャット   ・せんせい
・わたしの城下町      ・星はなんでも知っている ・嫁に来ないか
・瀬戸の花嫁        ・ああ上野駅       ・南国土佐を後にして
・北帰行          ・北の大地        ・霧の摩周湖
・手紙           ・なみだ恋        ・夜空
・イチゴ白書をもう一度   ・氷雨          ・花と小父さん
・無縁坂          ・秋桜          ・愛燦燦

全て懐かしい美しい名曲ばかりです。

付き加えれば、民間テレビ放送ですが、B2B企業の非破壊検査㈱1社がスポンサーで、売らんかなのコマーシャルが無いのも好感が持てる一因でしょう。

「税理」1月号の心理的安全性・虎の巻「なぜ 今 心理的安全性か」のご案内

令和6年の12ヶ月連載「これで万全!心理的安全性・虎の巻」の1月号「今、なぜ心理的安全性か」をご案内いたします。各種国際比較データ見ると、失われた30年は下り坂の時代です。高齢化・少子化・VUCAの時代と、暗いイメージの時代にあって、アメリカ生まれのコンセプトではあるが、カタカナ英語でない「心理的安全性」が注目されています。心理的安全性は、エドモンドソン教授により理論化され、グーグルにより生産性向上をもたらすことが実証されて、日本で感心を集めています。
掲載項目は、下記の通りです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」1月号(日本税理士会連合会監修)です。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 長谷川 勇)
<内容要旨>
1. VUCAの時代
2. 世界一低いワークエンゲージメント・従業員エンゲージメントの国際比較
2-1 ワークエンゲージメントとは
2-2 従業員エンゲージメントとは
3. ワークエンゲージメントスコア
4. ワークエンゲージメント
5. 心理的安全性とワークエンゲージメント
6. 心理的安全性の高まりによる従業員と組織のメリット
7. 伝統的日本文化と心理的安全性との調和
8. 和の精神と「同調圧力」・「空気を読む」
9. 心理的安全性が求められるVUCAの時代

詳細は↓をクリックしてください。
anzen2401s

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ