経営承継事業部

事業部トップ>執筆者:三嶋 弘幸

執筆者:hmishima

神社仏閣巡りの楽しさ⑤

今回は、奈良県にある信貴山“朝護孫子寺”を紹介します。

信貴山は、約1400年前に聖徳太子が創設したと言われています。ご本尊は、毘沙門天で、本堂には、毘沙門天を中心に、妻の吉祥天が右に、子である善膩師童子が左に配置されています。親子三人の像というのは非常にめずらしく、家庭円満を願っているのでしょうか。

境内には、千手院、成福院、玉蔵院という三つの塔頭・宿坊があります。信貴山は、檀家をもたず、ご祈祷が主体のお寺です。私も毎年、玉蔵院の大般若祈祷を受けておりますが、本堂から敷地中に響き渡るお経と太鼓の音に加えて、経典をアコーディオンのように広げては、机に叩き付ける様子は、迫力があり、毎度感動します。信貴山のホームページで各塔頭の大般若祈祷の動画がありますので、是非見ていただければと思います。

(出所:信貴山朝護孫子寺公式HP)

信貴山は、毘沙門天のご利益として開運・金運のパワースポットとして知られています。

ぶらぶら散策していると、様々な開運アイテムを目にします。代表的なのが、“銭亀堂”の金運招福銭亀お守りと一億円お札です。金運招福・商売繁盛を呼ぶ銭亀善神のご利益があるようです。その隣には“貧乏神よけ神社”があり、貧乏神退散お守りを売っており、銭亀お守りとセットで持つと金運が向上するとも言われています。

 

奈良に行かれる際には、是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。(法隆寺の一つ先の駅です)

 

「税理」3月号 経営デザイン・虎の巻「経営をデザインする」のメリット のご案内

令和2年の12か月連載「これで万全!経営デザイン・虎の巻」の3月号「経営をデザインする」のメリット をご案内します。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」3月号(日本税理士会連合会監修)です。

経営デザインシートは、俯瞰的・全体的視野での事業構想を考える上で有効なツールといえます。全体を俯瞰でき、時間軸で「これまで」と「これから」、その移行戦略をロジカルに、図解によって可視化しています。図解により視覚で分かる経営デザインシートは、対話ツールとしてより優れているとといえます。
(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

Ⅰ.対話ツールとしての活用シーン
1.社内での後継者・従業員との対話
◆役員会・幹部会、従業員の参画
◆事業承継
2.社外の関係者との対話
◆支援者(税理士、中小企業診断士等)
◆金融機関
◆連携企業(オープンイノベーション)

Ⅱ.まとめ

詳細は↓をクリックしてください

design2003s

神社仏閣巡りの楽しさ④

昨年、札幌市の円山公園に隣接した北海道神宮に行ってきました。

北海道鎮守としての格式があり、伊勢神宮と同じ派手さはなく、伝統を感じる「神明造り」の拝殿は風格の高さを感じる次第です。木々も多い広い境内を歩いていると不思議と清々しい気持ちになってきます。これがパワースポットなのでしょうか。

ぶらぶら散策していると、“さざれ石”を発見しました。君が代の歌詞にある“さざれ石”という言葉は知っていました

が、案内板の解説で「さざれ石の巌となりて」の意味を理解しました。長い年月の積み重ねを示す比喩表現だったのですね。

広い敷地には「開拓神社」という境内社があります。北海道の開拓に尽力された方々を祀っている社のようです。案内板に開拓の功績者の名前が掲載されており、その中には北前船で有名な海鮮問屋“高田屋嘉兵衛”の名前も載っていました。“先人のご功績を忘れることなく、開拓の精神を受け継いでいく”という内容の言葉が記載されており、心が打たれます。

札幌に行かれる際には、是非訪ねてみていただければと思います。

 

「税理」10月号 企業再生・虎の巻「クロスSWOT分析で再生の方向性を決定」のご案内

昭和31年(令和元年)の12か月連載「これで万全!企業再生・虎の巻」の10月号「クロスSWOT分析で再生の方向性を決定」をご案内します。

掲載項目は下記のとおりです。掲載誌は、株式会社ぎょうせい発行の税理士向けの月刊専門誌「税理」10月号(日本税理士会連合会監修)です。

今回は、今後の事業再生に向けての方向性を決める方法を検討しました。

(執筆者 経営承継事業部 中小企業診断士 三嶋 弘幸)

1.SWOT分析とは
 SWOT分析のフロー

 戦略の立案
 優先順位の決定
2.SWOT分析の進め方
 事前準備

 分析ミーティング開催
3.今後の方向性
 積極化戦略

 専守防衛・撤退戦略
4.まとめ

詳細は↓をクリックしてください

saisei1910s

zeiri1910

保育所のモデル利益計画

税理士向け専門月刊誌「税理」(ぎょうせい刊)では、実務向けの連載として、「利益計画」が長きに亘り連載されております。

取り上げられる業種は、製造業から卸売業・小売業そしてサービス業と多岐に渡り、業界動向の把握や経営計画策定のポイントを示しており、読者である税理士の先生からの好評を得ているとのことです。

今回は、慢性的な人材不足が問題となっている「保育所」を採り上げました。(執筆者:中小企業診断士 三嶋 弘幸)

内容は以下の通りです。
1・業界の概要、政府による各種支援策
2・モデル企業の概要
3・現状分析
4・問題点の改善策
5・改善後の利益計画

 詳細は↓をクリックして下さい。

 rieki1909s

zeiri1909

事業部紹介

経営承継事業部は、円滑な経営承継を実現するための、コンサルティング・セミナー・執筆研究を実践する経営コンサルタントのグループです。
経営承継、円滑な経営承継を実現するための経営革新、後継者に選ばれる企業にするための企業再生などの一体的商品開発により、クライアント満足を優先させることを基本方針として貫いています。

詳細はこちら >

執筆者

月別アーカイブ

このページの先頭へ